ここから本文です。

更新日:2017年12月22日

Vol.41 ことふみ郡山

ことふみ郡山代表 渡邉 幸子さん

日本語の美しさや歴史・文化の奥深さなどを子どもたちに知ってもらうため、古典の素読や百人一首の体験などの活動を行う「ことふみ郡山」。代表の渡部幸子さんに話を伺いました。

活動を始めたきっかけは?

元々、英語教室を開いていたのですが、授業の中で、遊び感覚で日本の歴史にまつわる話を教えたら、子どもたちが、すごく興味を持ってくれたんです。そして、もっと知りたいという子が増えてきたんです。
 そこで、子どもたちが古典文学と英語に親しみ、世界で活躍できる国際感覚を身に付ける場を作ろうと、平成26年に活動を始めました。昨年から「キッズパーク」という団体名を、古事記から名前を取った、「ことふみ」と変えました。言葉の持つ力を感じてほしいという思いを込めています。

どんな活動ですか?

毎月、日本の文化を英語で紹介する練習や古典などを通して、歴史を学ぶ「古典探検隊」の活動をしています。探検隊では、古事記や和歌などを声に出して読み、日本語の美しさや表現を身に付けます。子どもたちにとっては、難しい漢字や言葉も多いですが、自分で調べたり、質問するので、学ぶことへの興味にもつながっていると感じますね。また、オリジナルのカルタを作り、ゲーム感覚で学べるように工夫しています。

活動して良かったことは?

保護者の方から「子どもが習ったことを教えてくれた」などの反応があり、子どもたちの成長や親子のコミュニケーションのきっかけにもなり、うれしいです。最近は、百人一首の大会を開催したほか、パペットを使って、祝日の由来や日本の歴史などを紹介する動画を、動画投稿サイトに投稿しています。子どもたちがパペットの声を担当することもあり、親しみやすい動画で視聴者に楽しんでもらえています。

今後は?

日本の文化を学ぶ外国の団体から交流をしたいという連絡があり、合同事業を考えています。このような機会を活用して、子どもたちが世界に触れるきっかけを広げるとともに、郡山や日本の魅力を世界に発信してほしいですね。
 1月8日(祝日)に、ミューカルがくと館でお正月学習会を開催するので、ぜひ参加してください。
(広報こおりやま2018年1月号より。内容は当時のもの)

百人一首では、詠み手も子どもが行います

百人一首では、詠み手も子どもが行います

投稿動画では、日本文化にまつわる豆知識などを紹介

投稿動画では、日本文化にまつわる豆知識などを紹介

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

政策開発部広聴広報課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2061

ファックス番号:024-924-3180

kocho@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ