ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

公民館の役割と機能

昭和20年代に発足した公民館は、地域の振興と住民生活の安定向上、地域文化の振興に大きく貢献してきました。

また、昭和60年には社会のニーズの変化によりその役割は生涯学習振興の中核機関として全国的に拡充され、発展してきました。

さらに今日では、社会構造や地域社会の大きな変革の中で、新しい世界に生きる私たちの社会教育機関としてさらなる役割が期待されています。

3つの機能

  • 集い(Gather)
    自主的な学習活動の支援
  • 学び(Learn)
    生涯学習の中核施設
  • 結ぶ(Connect)
    世代を超えた地域づくりの拠点

公民館は自主的な学習活動の支援をします

公民館活動は地域によってさまざまです。農業や漁業など地域の産業に結びつく活動、まちの防災や福祉、子どもについて考える活動、また、環境問題や情報化、国際化に対応する活動など、実に多彩な学習活動が行なわれています。公民館は、つねに住民の立場にたって、その自主的な学習活動を支援していこうと努力しています。

公民館は身近な生涯学習の中核的施設です

何かを学ぼうとするとき必要なものがあります。それは、場所や情報、そして仲間です。他者との学習や実践の中から、複眼的な見方が出たり、自分を知る機会が得られることがよくあります。公民館では、人々に学習の場や機会を提供しながら、こうした学習活動の情報提供や相談、アドバイスを行ってきました。これからも、公民館は、地域における生涯学習の中核的な施設として、知識・教養に終わらない学習活動や豊かな関係づくりを支援していきます。

公民館は世代を超えた地域づくりの拠点です

公民館が発足してから半世紀以上が過ぎこの間、公民館を取り巻く社会状況も、公民館が創設された時代とは大きく異なり、公民館は時代の変化とともに人々の多様化、高度化する学習需要や生涯学習社会の進展などの新たな状況に対応し、地域住民の教育、文化の向上のための施設として発展してきました。21世紀に入り、人間とその生活、地域社会とその環境について、その学習課題は増える一方です。公民館は、その歴史や活動の原点に立ち戻りながら、新しい世界を生きる人々や地域社会の活動を支えます。

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

教育委員会中央公民館・勤労青少年ホーム 

〒963-8876 福島県郡山市麓山一丁目8-4

電話番号:024-934-1212

ファックス番号:024-934-1209

chuuou-pub@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ