ここから本文です。

更新日:2018年8月23日

西部(湖南町)

※文化財の所在地については一覧表の下「地図へのリンク」から検索できます。

No.

写真

種別

所在

所有(管理)者

解説

名称

指定年月日

行き方・目印

1

木造阿弥陀如来坐像(東光寺)

県指定重要有形文化財

昭和30年
12月27日

湖南町中野字堰内2488

東光寺

中地の大仏と呼ばれ、像高約3メートルの寄木造で、後世の修理はありますが、鎌倉時代後期の作品と考えられ、木造阿弥陀如来坐像としては東北地方最大のものです。

主要地方道郡山・湖南線旧中野小学校裏手にあります。

木造阿弥陀如来坐像(東光寺)

2

木造千手観音立像

県指定重要有形文化財

昭和58年
3月25日

湖南町福良字寺前6164

千手院

一木、素木造で、やや上方過ぎる白毫、簡略化された背面の彫刻などから地方作ではありますが、鎌倉時代の像造の特徴を示しています。

国道294号地蔵山前バス停近くにあります。国道294号沿いに標識があります。

木造千手観音立像

3

銅造観音立像

市指定重要有形文化財

昭和47年
10月23日

湖南町舟津字日本一4518

洞泉寺

像高34.75センチメートルの銅造で善光寺式三尊仏の1体です。鎌倉時代に鋳造されたと考えられます。

主要地方道猪苗代・湖南線沿い舟津橋の近くにあります。道路沿いに看板やのぼりが立っています。

銅造観音立像

4

木造阿弥陀如来立像

市指定重要有形文化財

昭和58年
3月31日

湖南町福良字荒町238

感応寺

像高78センチメートルで檜の寄木造りです。室町時代末期から江戸時代初期にかけての作と考えられます。

国道294号福良荒町バス停近くにあります。

木造阿弥陀如来立像

5

銅鐘(満福寺)

市指定重要有形文化財

昭和43年
3月13日

湖南町中野字日ノ岡寺前1727

満福寺

高さ112センチメートル、口径63センチメートルの銅鐘です。元禄5年の銘があります。

郡山市街地方面から主要地方道郡山・湖南線を進み、中野郵便局を右折し、道なりに進むとあります。

銅鐘(満福寺)

6

磨崖供養塔

市指定重要有形文化財

昭和43年
3月13日

湖南町福良字祢宜内

諏訪神社

高さ148センチメートルで、大きな安山岩の表面に陰刻された永仁2年の銘がある供養塔です。

県道羽鳥・福良線 一級河川菅川の西側にあります。

磨崖供養塔

7

湖南の会津万歳

県指定重要無形民俗文化財

昭和56年
3月31日

湖南町中野

会津万歳安佐野保存会

県内では最後の万歳伝承地です。三河万歳系統に属しています。

湖南の会津万歳

8

舘の早乙女踊り

市指定重要無形民俗文化財

昭和43年
3月13日

湖南町舘

舘早乙女踊
 保存会

4月1日に御札神社へ奉納される田植踊りで、ヘラ踊りと扇子踊りを舞います。

舘の早乙女踊り

9

横沢の麓山まつり

市指定重要無形民俗文化財

平成19年
1月18日

湖南町横沢

横沢の麓山まつり保存会

ハヤマ信仰における行事の重要な要素である神迎え、水ごり、火渡り、胴つき(胴上げ)、おこもり、山がけ、神送りなどの形態を継承しています。市内で唯一ハヤマ信仰の特色を残しています。

現在は体育の日の前の土日に行われています。

横沢の麓山まつり

10

三代の一里塚

市指定史跡

昭和50年
8月29日

湖南町三代

郡山市三代
 財産区

会津若松の基点から7里目の一里塚であり、高さ約4メートル、周囲約33メートルあります。以前は南と北に各1基ありましたが、現在は北側の1基のみ保存されています。

国道294号沿い湖南小・中学校向かい側にあります。

三代の一里塚

11

藩領境の大松

市指定史跡

平成2年
4月25日

湖南町福良字立石
8362-2

郡山市福良
 財産区

樹高15メートル、推定樹齢250年のアカマツです。江戸時代の中頃に会津領と二本松領の藩境の目印として植えられたものと考えられます。

県道湖南・港線沿い 青松浜東端にあります。

藩領境の大松

12

赤津のカツラ

国指定天然記念物

昭和16年
1月27日

湖南町赤津字西岐2801

郡山市赤津
 財産区

樹高25メートルで、推定樹齢350年以上で、カツラとしてはまれにみる大木です。

湖南町の赤津から猪苗代湖にそそぐ常夏川に沿って、郡山布引風の高原への道を8キロメートルほど登り、頂上に近い西向きの急な斜面を大きくカーブするところにあります。

赤津のカツラ

13

隠津島神社社叢

県指定天然記念物

昭和39年
3月24日

湖南町福良字福良山7413

隠津島神社

数百年来、神域として斧を入れたことがなく、倒木も朽ちるままの状態で、小規模ながら原生林の形態を示し、200種に及ぶ植物がみられます。

「馬入の水バショウと湿原林」から県道羽鳥・福良線を羽鳥湖方面へ約3メートル進むとあります。

隠津島神社社叢

14

大仏のケヤキ

県指定天然記念物

昭和39年
3月4日

湖南町中野字堰内2488

東光寺

旧中野小学校に隣接している東光寺の境内にあります。樹高22m、胸高280センチメートルとその幹の太さはは郡山でも随一です。そばには木造阿弥陀如来坐像を安置した大仏殿があり、大仏のケヤキと呼ばれています。

主要地方道郡山・湖南線 旧中野小学校裏手にあります。

大仏のケヤキ

15

馬入の水バショウと湿原林

市指定天然記念物

昭和47年
10月23日

湖南町馬入新田字堤下

郡山市

ハンノキ林下の湿地約1ヘクタールの面積に、数千株のミズバショウが群生しています。標高580mの山麓低地にあり、標高緯度から見て南限に近く、植生分布上貴重なものです。

湖南高校から県道羽鳥・福良線を羽鳥方面へ約3キロメートル行くとあります。

馬入の水バショウと湿原林

16

中地大仏境内の大ケヤキと大エノキ

市指定天然記念物

昭和52年
5月11日

湖南町中野字堰内2488

東光寺

旧中野小学校に隣接している東光寺の境内にあります。ケヤキは樹高21メートル、エノキは樹高22メートルです。

主要地方道郡山・湖南線 旧中野小学校裏手にあります。

中地大仏境内の大ケヤキと大エノキ

17

千手観音堂の夫婦モミ

市指定天然記念物

昭和53年
3月11日

湖南町福良字寺前6164

千手院

観音堂に向かって右側に立つモミは、樹高20メートルで、左側に立つモミは、樹高40メートルです。2本とも推定樹齢は400年です。

国道294号 地蔵山前バス停近くにあります。国道294号沿いに標識があります。

千手観音堂の夫婦モミ

18

飯盛寺のコウヤマキ

市指定天然記念物

昭和53年
3月11日

湖南町舘字前田353

飯盛寺

(はんじょうじ)

樹高23メートルで、推定樹齢350年です。寒冷地での地理的限界である標高500メートルに生育しており、植物学的に、また分布上からも価値の高いものです。

主要地方道猪苗代・湖南線 旧月形小学校近くにあります。墓地の南側に立っています。

飯盛寺のコウヤマキ

19

舘の大マユミ

市指定天然記念物

昭和54年
11月20日

湖南町舘字中谷地1459

舘区

雌株であるこのマユミは、樹高6mで推定樹齢300年です。植物学上きわめて珍しく価値の高いものです。

旧月形小学校から主要地方道郡山・湖南線へ抜ける道沿い北側にあります。

舘の大マユミ

20

来福寺の大スギ

市指定天然記念物

平成3年
2月19日

湖南町横沢字屋敷2494

来福寺

樹高31メートルで、推定樹齢300年です。夫婦杉として植えられたようですが、大正時代の台風により1本が倒れていまいました。

主要地方道猪苗代・湖南線 横沢バス停T字路を東に曲がりつきあたりY字路を北に曲がるとあります。本堂の西側にあります。

来福寺の大スギ

21

愛宕神社のサワラ

市指定天然記念物

平成3年
8月20日

湖南町赤津字愛宕下4386

愛宕神社

樹高30メートル、推定樹齢400年です。市内では最大のサワラです。

国道294号赤津簡易郵便局近くにあります。

愛宕神社参道入口西側にあります。

愛宕神社のサワラ

22

高井神社のイチイ

市指定天然記念物

平成8年
9月26日

湖南町三代字西ノ内202

高井神社

樹高21mで、推定樹齢300年のイチイです。市内屈指の大きさのイチイです。

国道294号福田屋商店角を西に曲がるとつきあたりにあります。神社境内、参道石段を登りきった鳥居の南側にあります。

高井神社のイチイ

23

浜路のエゾエノキ群

市指定天然記念物

平成15年
2月18日

湖南町浜路字前田

浜路区

エゾエノキ8本、ケヤキ2本で構成される樹群です。この樹群で代表的なエゾエノキは、樹高25メートル、推定樹齢が360~400年です。

浜路浜湖畔道路両側にあります。標識と説明板が立っています。

浜路のエゾエノキ群

24

市指定重要有形文化財

平成24年
12月17日

湖南町福良字後谷地6042番地

地蔵山講中

石龕の中に阿弥陀二尊が配されています。紀年銘、銘文は刻まれていないため、詳しい年代は不明です。

国道294号

地蔵山前バス停近くにあります

地蔵山の来迎二尊石仏

25

聖神社(山崎文殊堂)のサワラ

聖神社(山崎文殊堂)のサワラ

市指定天然記念物

平成30年8月3日

湖南町福良字四十八滝8853番地 個人 樹齢約300年、樹高24m、胸高周囲5.24m、根元周囲6.8mの巨木で、丘陵中腹に建立された「聖神社(山崎文殊堂)」の前に成育しています。

>>地図へのリンク

<<郡山市の文化財TOPへ

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

文化スポーツ部文化振興課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2661

ファックス番号:024-935-7834

bunkashinko@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ