ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 食品衛生 > 食の安全情報 > 腸管出血性大腸菌食中毒の予防について

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

腸管出血性大腸菌食中毒の予防について

腸管出血性大腸菌による食中毒は、その症状として激しい腹痛と下痢が特徴で、HUS(溶血性尿毒症症候群)や脳炎を発症する場合もあり、小児や高齢者において多くの重症者が発生しています。原因食品として加熱不十分な食肉や内臓肉、それらから二次汚染を受けた食品が挙げられますが、最近では野菜や漬物など、肉とは関係ない食品を原因とする事例もあります。

腸管出血性大腸菌による食中毒を予防するためには、食肉(「生食用」の表示のあるものを除く)を生で食べないこと、肉の中心部まで十分に加熱(75℃・1分間以上)して食べることが重要です。

肉やレバーなどの内臓を食べる場合には、次の点に十分注意してください。

  1. 肉や内臓を生で食べることはひかえること
  2. 肉や内臓を調理する際には、中心部までよく加熱(75℃・1分間以上)すること
  3. 特に乳幼児やお年寄りでは、死亡したり重い症状になることがあるので、生や加熱不十分な肉や内臓を食べないよう、周りの方も含め注意すること

野菜の衛生管理も重要です。次の点を参考にしてください。

  1. 野菜は新鮮なものを購入し、冷蔵庫で保管するなど保存に気を付ける
  2. 流水でよく洗う
  3. 食品用の洗浄剤や次亜塩素酸ナトリウムなどの殺菌剤を使ったり、加熱する
  

腸管出血性大腸菌の画像

腸管出血性大腸菌O157:H7

<出典:内閣府食品安全委員会事務局資料>

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

保健福祉部保健所生活衛生課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2157

ファックス番号:024-934-2860

seikatsueisei@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ