ここから本文です。

更新日:2017年11月14日

受動喫煙を防止しよう

喫煙は、がんや心疾患、脳血管疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の原因になるとともに、糖尿病や高脂血症、歯周疾患を悪化させるとされています。また、喫煙は喫煙者本人にとどまらず、周囲の人への影響も非常に大きいことから、健康増進法により受動喫煙の防止が定められています。

受動喫煙とは

たばこを吸わない人が、室内やその他のいろいろな場所で、知らないうちに他の人のたばこの煙を吸わされていることを「受動喫煙」といいます。たばこの煙は、たばこを吸う人にも吸わない人にも健康影響があります。市では受動喫煙による健康への悪影響を防止するため、受動喫煙防止に取り組んでいます。

たばこの煙に含まれる有害物質

たばこの煙に含まれる物質には、約5000種類の化学物質、約250種類の有害物質、約70種類の発がん物質があるといわれています。

《有害物質の代表》

  • ニコチン…血圧を上昇させ、心拍数を増やして心臓に負担をかける。依存性が強く、たばこがやめられない原因となる。
  • 一酸化炭素…血液中のヘモグロビンと結合し酸素運搬を阻害する。(軽い酸欠状態になる)
  • タール…発がん物質が多く含まれ、がんの原因となる。

自分で吸う煙のことを「主流煙」、たばこの先から立ち上がる煙を副流煙と言います。「副流煙」は主流煙より多くの有害物質を含んでいます。

受動喫煙防止リーフレット(PDF:766KB)

受動喫煙防止絵本

全面禁煙・空間分煙に取り組む施設を募集中!!

郡山市では市民の皆さまの受動喫煙による悪影響を防止するために、全面禁煙・空間分煙に取り組む施設を認証しています。

おもいやりノースモーキング事業

受動喫煙防止講演会

受動喫煙防止講演会を実施してます。たばこの害や禁煙治療などについてのお話ですので、ぜひご参加ください。

詳しくは、「受動喫煙防止講演会のお知らせ」をご覧ください。

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2900

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ