ここから本文です。

更新日:2014年3月4日

乳がん自己触診法

やってみよう!乳がんの自己触診法
乳がんは自分で発見できるがん。早期発見には「月1回の自己触診法」がおすすめです。

自己触診のタイミング

閉経前の方⇒月経終了後一週間以内に行いましょう。

閉経後の方⇒毎月一定の日を決めて行いましょう。

ステップ1(視診)

まず、鏡の前で自分の乳房の形をよく見ておぼえておきます。
次に手を上げ下げしてよく観察しましょう。

(乳首の左右の高さや向きが違うといった変化はないですか?乳首にただれやへこみ・ゆがみ乳首の左右の高さや向きが違うといった変化は無いですか?)

乳ガン(左右)

(ひきつれやくぼみ、ふくらみのような皮膚の変化はないですか?)

乳ガン上下

ステップ2(触診)

あおむけに寝て乳房やわきの下を触り、しこりがないか調べましょう。
まずは乳房から調べよう!
調べる側の肩下に、薄い座ぶとんや四つ折りのバスタオルを敷いて、胸を張れる状態にしましょう。親指を除く指をそろえ、それらの指先の腹側のみで軽く圧迫しながら、なでてみます。

(左の乳房は右手で、右の乳房は左手で調べてみましょう左の乳房は右手で、右の乳房は左手で調べます)

乳がん寝てチェック

(左右の乳房を同じように、ゆっくり注意深くいろいろな方法で調べましょう。)

乳房をチェック

次に、わきの下を調べよう!

(両方の脇の下をまんべんなく触り、しこりがないかどうか調べて見ましょう。)

わきの下チェック

ステップ3(分泌物の確認)

(両手の親指で、図のように乳首(乳輪)の根本をつまんで絞るようにし、茶色や赤などの分泌物がないか確かめます。)

乳首、乳輪のチェック

なかなかできない場合は…

(お風呂で石けんをつけて乳房を調べてみるのもいいですよ。)

乳がんおふろでチェック

「あれっ?」「おかしいな?」と思ったら、ためらわず専門医(外科)を受診しましょう

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2900

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ