ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 風しんの届出数が全国的に増加しています!

ここから本文です。

更新日:2018年10月31日

風しんの届出数が全国的に増加しています!

郡山市内でも「風しん」が発生しました。

 

今年、郡山市内においても風しん患者が確認されています。

現在、例年と比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加しており、今後、全国的に感染が拡大する可能性がありますので、注意が必要です。

 

風しんについて

  • (1)咳やくしゃみなどに含まれた風しんウイルスを吸い込むことで感染します。
  • (2)潜伏期間は、感染から14日~21日(平均16日~18日)です。
  • (3)症状は、顔から全身に広がる赤い発疹、発熱、耳の後ろや首すじのリンパ節の腫れです。
  • (4)妊娠初期に風しんに感染すると、お腹の赤ちゃんにも感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の症状をもった赤ちゃんが生まれる可能性があります(先天性風疹症候群)。

予防には以下のことに気をつけましょう。

  • (1)風しん流行時には、感染予防のために流行地域に行くことは、なるべく避けましょう。
  • (2)外出後の手洗い、うがい、咳エチケットなどに気をつけましょう。
  • (3)発熱、全身性の発疹等の症状から風しんが疑われる場合、必ず事前に医療機関に連絡し、医療機関の指示に従って受診しましょう。
  • (4)受診の際には、マスクを着用する、咳エチケットを守るなど、感染を広げないように注意してください。
  • (5)予防接種も効果的な予防策です。定期予防接種対象の方は確実に接種していただくとともに、妊娠適齢期の方や予防接種歴が不明の方など必要により、予防接種についてかかりつけ医師にご相談ください。
  • (6)医療機関においては、発熱や発しんを呈する患者を診察した際は、風しんにかかっている可能性を念頭におき、最近の海外渡航歴及び国内旅行歴を聴収し、風しんの罹患歴及び予防接種歴を確認するなど、風しんを意識した診療と感染対策についてお願いします。

妊婦への感染を予防しましょう。

妊婦を守る観点から、特に

  • (1)妊娠を希望する女性
  • (2)妊娠を希望する女性の同居者
  • (3)風しん抗体価が低い妊婦の同居者

以上の方を対象に郡山市では風しん抗体検査費用と風しんワクチン接種費用の助成を行っております。

 

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2163

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ