ここから本文です。

更新日:2017年9月28日

10月10日は目の愛護デー

全国統一標語
「めめ先生の目目チェック~右目・左目見てもらおう~目のことなら、お近くの眼科専門医で。」

目をいたわる生活を

目は、私たちが外からの情報を得るために大切な器官です。近年、パソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見続けるなど、目を使いすぎて疲れや渇きを感じたり、加齢に伴い白内障や緑内障などの目の病気にかかる人も増えています。

また、目が疲れると、頭痛や肩こりなど体の不調をきたすこともあります。

この機会に、目の大切さを理解し、目をいたわる生活を心がけましょう。

こんな症状にご注意

目が乾く、目のかすみ、目の痛み、目の充血、視力の低下、頭痛、、肩こり、まぶたの痙攣などの症状は、目の疲れによる注意信号です。ひどくなる前に対処しましょう。

日常生活で気をつけること

  1. 睡眠は目の疲労回復には重要です。睡眠はしっかりとりましょう
  2. パソコンやスマートフォンなどを使用する際には、1時間に10分程度は休憩をとりましょう。
  3. 遠くを見る事も、目を休める事になります。また、眼球を上下左右に動かすなどの目の体操や、目の周囲のマッサージなども効果的です。
  4. 目の乾燥が気になる時や、パソコン画面を長時間見る時は、意識してまばたきをしましょう。部屋を乾燥させない事も大切です。
  5. バランスの良い食事をとるように心掛けましょう。
    ビタミンA・B1・B2・Cを含む食べ物や緑黄色野菜を積極的に食事の中に取り入れましょう。
  6. 正しい姿勢で、適度な明るさの照明のもとでパソコン作業や読書をしましょう。
  7. 喫煙(たばこ)の主成分のニコチンは血管を委縮させ、目に悪影響を及ぼします。たばこの煙だけでも同様です。ぜひ、禁煙をおすすめします。
  8. 紫外線は、目にも悪影響を及ぼします。サングラスなどで紫外線から目を守りましょう
  9. 異常を感じたら、早めに眼科専門の医師に診てもらいましょう

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2163

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ