ホーム > 市政情報 > 国際交流・都市間交流 > 市の交流事業 > 国際交流 > 第2回レジリエント・コミュニティ国際シンポジウム2016 in 郡山

ここから本文です。

更新日:2016年11月22日

第2回レジリエント・コミュニティ国際シンポジウム2016 in 郡山

集合写真

日程

2016年4月14日(木曜日)-15日(金曜日)

  1. 4月12日(火曜日):福島の次世代のワークショップ
  2. 4月13日(水曜日):テクニカルツアー
  3. 4月14日(木曜日)-15日(金曜日):第2回レジリエント・コミュニティ国際シンポジウム2016 in 郡山

場所

郡山市立中央公民館(多目的ホール)

主催

第2回レジリエント・コミュニティ国際シンポジウム実行委員会(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所(FREA)、郡山市、ローレンス・バークレー国立研究所(LBNL)、日本大学工学部、福島大学環境放射能研究所(IER))

目的とテーマ

目的

地域住民や行政、研究機関、そして教育機関の参画の下、自然災害や社会が内包する様々な危機による被災・被害からのレジリエンス(地震や水害等の自然災害、人口減少や少子高齢化等のリスクに備え、回復する力)を高めるとともに、持続可能な社会の実現に向けた再生可能エネルギーの推進を図る。レジリエンスの柱として「最新の科学的知見の最大限活用」、「災害関連情報の官民あげての共有」、「市民一人ひとりの防災対応力の向上」を目指し、「科学」、「教育」、そして「行政」について、グローバルかつ多分野にわたる視点から講演が行われ、福島の復興と再生への展望についても提起される。

テーマ

  1. レジリエンスの推進(放射線、地震、健康、環境等)
  2. 再生可能エネルギーの推進
  3. 福島の復興と再生、その現状と課題

開催内容

福島の次世代のワークショップ

workshop_1 workshop_2 workshop_3

日米韓の学生が放射線や原子力災害へのレジリエンスの課題に協働で取り組むとともに、ポスターセッションによる研究活動成果の発表やディスカッションによる意見交換により、多文化、多分野にわたる交流、連携を図る「福島の次世代のワークショップ」が開催され、カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)から8名、KAIST(Korea Advanced Institute of Science and Technology)から3名、広島大学から3名、東京大学から2名、そして日本大学工学部から2名の合計18名が参加した。

workshop_4 workshop_5 workshop_6

この「福島の次世代のワークショップ」のプログラムとして、参加した学生たちは14日(木曜日)-15日(金曜日)に開催される第2回レジリエント・コミュニティ国際シンポジウムへの出席とポスターセッションの出展に加え、13日(水曜日)のテクニカルツアーに参加し、福島の復興と再生の現状と課題について視察した。

テクニカルツアー

site_visit_1 site_visit_2 site_visit_3

14日(木曜日)-15日(金曜日)に開催される第2回レジリエント・コミュニティ国際シンポジウムに参加するローレンス・バークレー国立研究所(LBNL)をはじめとする講演者、研究者、そして福島の次世代のワークショップに参加した日米韓の学生を対象に、国立研究開発法人 産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所(FREA)、福島大学環境放射能研究所(IER)、福島県環境創造センター(CEC)、そして東京電力福島第一原子力発電所といった学術研究機関や原子力施設のテクニカルツアーを実施し、福島の再生可能エネルギーとレジリエンスの推進、東日本大震災からの福島の復興と再生の取り組みを視察した。

第2回レジリエント・コミュニティ国際シンポジウム

symposium_1 symposium_2 symposium_3

ローレンス・バークレー国立研究所(LBNL)やカリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)、コロラド州立大学(CSU)といった学術研究機関をはじめ、米国エネルギー省(DOE)等の政府機関、富山市、バークレー市(米国)、スーラト市(インド)といった世界的なレジリエンスの先進都市など、国内外から幅広く講演者を招き、第2回レジリエント・コミュニティ国際シンポジウムが開催された。

symposium_4 symposium_5 symposium_6

14日(木曜日)-15日(金曜日)の2日間の開催で、延べおよそ600名の参加者が来場した。「リーディング・レジリエント・コミュニティ」、「福島の復興-再生への取り組み」、「環境のレジリエンス」、「21世紀のエネルギーレジリエンス」、「健康のレジリエンス」、「教育とアウトリーチ」、「放射線と地震のレジリエンス」といったテーマ毎に講演が行われた。

symposium_7 symposium_8 symposium_9

報告書

front_cover

  1. 表紙(PDF:136KB)
  2. 目次(PDF:3,138KB)
  3. 主催者あいさつ(PDF:747KB)
  4. 全体プログラム(PDF:691KB)
  5. ワークショップ(PDF:2,844KB)
  6. テクニカルツアー(PDF:7,984KB)
  7. シンポジウム(PDF:19,426KB)
  8. レセプション(PDF:1,063KB)
  9. 参考資料(PDF:25,948KB)
  10. 参考資料(ワークショップ)(PDF:776KB)
  11. 参考資料[ポスター(1)](PDF:43,344KB)
  12. 参考資料[ポスター(2)](PDF:15,762KB)
  13. 参考資料[ポスター(3)](PDF:32,783KB)
  14. 参考資料[ポスター(4)](PDF:2,685KB)
  15. 裏表紙(PDF:104KB)

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部国際政策課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3711

ファックス番号:024-935-7834

kokusaiseisaku@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ