ホーム > 市政情報 > 国際交流・都市間交流 > 市の交流事業 > 国際交流 > 福島フランス料理研修奨学金

ここから本文です。

更新日:2018年5月31日

福島フランス料理研修奨学金

趣旨

La_Caravane_53_1_152

2011年3月に発生した東日本大震災の被災者や福島県の子どもたちに、フランス料理や音楽、パフォーマンスにより笑顔を届ける活動を行ってきたラ・キャラバン ボン・アペチが、福島県の若者を対象に、フランス料理の研修支援事業を行います。

ラ・キャラバン ボン・アペチとは?

 

在日フランス人と日本人の有志のボランティア組織であるラ・キャラバン ボン・アペチは、2011年3月に発生した東日本大震災の被災者や福島県の子どもたちにフランス料理や音楽、パフォーマンスにより笑顔を届ける活動を2011年4月から60回にわたり実施し、これまで26,000食を越える支援を行っています。(2018年5月末現在)

ラ・キャラバン ボン・アペチは、在日フランス人協会、在外フランス人協会、在日フランス人シェフ・パティシエ会、在日フランス商工会議所、プロスペール・モンタニエ協会、フランス・ボージョレ・ワイン委員会、カステルノダリー・カスレ協会、ルーアン・カナルディエ協会、日本農事功労賞受賞者協会、フランス料理文化センター、フランス大使館等、在日・在京フランス人、福島県と郡山市の青年会議所、中小企業家同友会、日本調理技術専門学校といった日本人の有志で発足した100%ボランティアの組織です。

caravan_logo

 

 

 

奨学金概要

目的

東日本大震災の被災者である福島の若者を対象に、学校法人永和学園 日本調理技術専門学校でのフランス料理の修学に係る奨学金と卒業後のフランスでのフランス料理研修の機会を提供することにより、福島の未来を担う人材の育成を図ります。

応募資格

  1. 平成23年3月11日時点で福島県内市町村の住民基本台帳に記録され、または外国人登録原票に登録されていたこと
  2. 平成31年3月に高等学校等を卒業見込みの高校3年生であること
  3. 日本調理技術専門学校でフランス料理を修学し、卒業後はフランス料理のシェフとして就業する意思があること

奨学金

  1. 日本調理技術専門学校の授業料1年間(1年制コースのみ)
  2. 日本調理技術専門学校卒業後、本人の意思と素質により、東京、フランスでの料理研修をあっせん、フランスへの往復航空券等を提供

募集人数

1名(選考の結果、合格者がいない場合、次年度に事業を持ちこします。)

募集期間

平成30年6月1日から平成30年7月31日(必着)

応募方法

奨学生申込書、推薦調書、小論文、履歴書等の提出

※詳しくは応募要項をご覧ください。

選考方法

平成30年8月、郡山ビューホテルアネックスにて4日間程度の適性評価試験(インターンシップ)を実施します。審査委員会による選考により奨学生を決定します。ただし、応募者多数の場合は、書類選考を行います。

募集要項と提出書類

  1. 募集要項(PDF:94KB)
  2. 第1号様式(奨学生申込書)(ワード:19KB)
  3. 第2号様式(推薦調書)(ワード:16KB)
  4. 第3号様式(小論文)(ワード:15KB)

 

 

 

 

 

 

 

 

flyer_french_culinary_scholarship(PDF:2,006KB)

奨学生募集チラシ(PDF:2,006KB)

     

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部国際政策課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3711

ファックス番号:024-935-7834

kokusaiseisaku@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ