ホーム > くらし > マイナンバー制度に関するお知らせ > 通知カードの送付について

ここから本文です。

更新日:2016年11月4日

通知カードについて

平成27年10月2日時点での住民登録の状況をもとに、地方公共団体情報システム機構(通称:J-LIS)で作製された『マイナンバーの通知カード』が住民登録地へ転送不要の簡易書留で発送されました。
平成27年10月3日以降に出生・国外転入等により初めて住民登録を行った方については、登録から2~3週間後に住民登録地へ通知カードが発送されます。
郵便物の転送をかけている方、住所地に不在の方の通知カードは市役所に返送されます。下記を参考に受領してください。
お手元に届いていない場合は、下記連絡先までお問合せください。
市民課(TEL:024-924-2131)

原則、住民登録地へ通知カードが送付されますが、東日本大震災による被災者で住所地以外の居所に避難されている方などやむを得ない理由により住所登録地で受け取ることができない方は、こちら(マイナンバーの通知カード送付先を登録してください)をご覧ください。

不在等により通知カードが受け取れなかった場合

郵便物配送時に不在のため通知カードの受領ができなかった場合、次のいずれかの方法により受領いただくこととなります。

1、ご不在連絡票が入っていた場合

1週間以内に再配達等の依頼を行った上で、お受け取りください。なお詳細については、日本郵便株式会社のウェブサイトをご確認ください。

マイナンバー通知カードの再配達の申し込み・ご利用方法(外部サイトへリンク)

2、郵便物の転送をかけていた場合や転居により受け取ることができなかった場合

再配達期間を経過しても受け取られなかった場合も含め、市役所へ返送されます。市で住所登録等の確認を行い次の処理を行います。

(1)転送処理等がなされていることで返送されたもの
市へ通知カードが返戻となった旨の通知を郵送(普通郵便・転送可)しますので、通知が届きましたら必要書類を持参の上、ご来庁ください。

(2)10月5日以降の市内転居の手続きが確認できたもの
転居後の住所に通知カードの裏書記載をした旨の通知とともに、通知カードを転送不要の簡易書留郵便で転居後の住所地へ再送いたします。

返戻された通知カードは市に戻ってから一定期間で廃棄処理となる予定です。廃棄後に通知カードを必要とされる場合は、再交付申請を行っていただきます。通知カードの再交付は有料となります。(通知カード再交付手数料:500円)

なお、再交付申請を受けた場合、市から地方公共団体情報システム機構(通称:J-LIS)へ再交付申請書を送付し、改めて地方公共団体情報システム機構(通称:J-LIS)で作製された通知カードが、転送不要の簡易書留で申請住所地へ送付されることとなります。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

市民部市民課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2131

ファックス番号:024-924-2971

shiminka@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ