ホーム > 産業・ビジネス・観光 > ファシリティマネジメント > ネーミングライツ実施に関する説明会(平成28年6月)

ここから本文です。

更新日:2017年7月9日

ネーミングライツ実施に関する説明会(平成28年6月)

1.日時

平成28年6月9日(木曜日)午前10時30分~午前11時15分

2.会場

市役所特別会議室(本庁舎2階)

3.参加者

8事業者

ネーミングライツに関する説明会

4.説明内容

  • ネーミングライツの概要
  • ネーミングライツの実施施設
  • 平成28年度募集施設の概要
  • ネーミングライツ実施スケジュール
  • 道路標識の変更
  • 他の自治体の事例

5.質疑応答の内容

(質問)
市で作成している各施設のパンフレットについて、愛称決定に伴うパンフレットの変更費用の負担はどのようになりますか。

(回答)
市で作成しているパンフレットは、既存のものはそのまま使用し、そのパンフレットがなくなり次第、愛称を入れたパンフレットを作成します。その際の作成費用は市が負担します。

(質問)
マスコミが施設の名称を発表する場合は、愛称を必ず使用しないといけないでしょうか。

(回答)
市としては、正式名称は変えないので議会で条例改正等を行う際は、正式名称を使用します。
ただし、そのほかの場合は、積極的に愛称を使用します。
マスコミ、施設利用者の愛称使用については、必ず使用しなければならない、という強制力がないので、それぞれの判断によることになります。

(質問)
「施設の利用者がイベント等を開催する際、開催に係る周知活動等に愛称を使用しない場合がある」というのは、どのような場合でしょうか。

(回答)
想定されるものとしては、ネーミングライツ・スポンサーとライバル関係にある企業が、愛称が付いた施設を借りてイベントを開催する場合、ライバル会社は、おそらく愛称を使用せずに施設の正式名称でイベントの周知活動を行うようになると思われます。

(質問)
2月1日から5年契約で愛称を使用し、終了月日を3月31日とした場合、端数の2か月は1年として数えることになりますか。
また、2か月分のネーミングライツ料はどうなりますか。

(回答)
契約年数は5年2か月となります。2か月分のネーミングライツ料は月割り計算で発生します。

(質問)
看板に愛称と正式名称を併記するというのは、愛称の名称の下に正式名称を記載することになりますか。

(回答)
全ての看板に正式名称を併記しなければいけないということではありません。
それぞれの施設で看板の大きさや設置箇所などの条件が異なるので、正式名称との併記の必要不要は、施設ごとによく調べて、募集要項に記載するようにします。

(質問)
来年度に募集する3施設についても同様の説明会を開催していただけますか。

(回答)
同様の説明会を開催したいと考えています。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

財務部公有資産マネジメント課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2051

ファックス番号:024-931-3245

kouyushisan@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ