ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 赤ちゃんが生まれたら

ここから本文です。

更新日:2018年7月12日

赤ちゃんが生まれたら

出生届

出生した日から14日以内(出生日を含む)に市民課、各行政センター、各連絡所、市民サービスセンター、緑ケ丘市民サービスセンターで戸籍の届け出を行ってください。

すくすくセットの送付

生後1か月ごろに「すくすくセット」が郵送されます。「すくすくセット」には、子どもの健康診査票や予防接種予診票が入っています。よく読んで活用してください。

赤ちゃんとお母さんのための家庭訪問

こんにちは赤ちゃん訪問

生後4か月ごろまでの赤ちゃんがいる家庭を対象に、看護師等が訪問し、子育てに関する情報提供などを行います。

助産師訪問(希望者のみ)

生後4か月ごろまでの赤ちゃんがいる家庭を対象に、助産師が訪問し、母乳や育児の相談に応じます。希望される方は、「母と子の健康のしおり」または「すくすく手帳」についている「助産師訪問連絡票」を提出してください。

子どもの健康診査

4か月・10か月・1歳6か月・3歳時に医療機関または指定会場で受診してください。

2500グラム未満の赤ちゃんがうまれたら

「低体重児出生届」を、早めに郡山市こども総合支援センター(ニコニコこども館)まで提出してください。

予防接種

予防接種法に基づく定期予防接種

郡山市で行う定期予防接種は、指定された医療機関で個別に受けていただくことになっています。

任意の予防接種(郡山市法定外予防接種)

上記以外の任意の予防接種(おたふくかぜ・ロタウイルスワクチン)について、接種費用の助成を行っています。

相談・教室

子育て相談

お子さんのことで気になることや不安なことなど育児に関する助言、栄養に関する教室などを実施しています。

医師や保健師、栄養士などによる相談・教室

医師や保健師、栄養士などによるお子さん(幼児)のための相談や、お子さんとのかかわりに悩みがある保護者のための教室を開催しています。予約制になっていますので、ご希望の方はご連絡ください。

離乳食教室

離乳食は赤ちゃんにとって食生活の第1歩です。郡山市保健所では、月齢に合わせた離乳食教室を行っています。離乳食の進め方、作り方を勉強してみませんか?

養育支援訪問事業

出産後間もない時期にある家庭の家事や育児をお手伝いするためにヘルパーを派遣する(産後ヘルパー派遣)ほか、専門的な育児支援を行うために助産師や保健師等が訪問します(育児家庭訪問)。

産後ヘルパー派遣

午前7時から午後7時までの間、次のような支援をします。

  1. 家事支援…食事の準備、後片付け、衣類の洗濯、部屋の掃除、買物など
  2. 育児支援…授乳、おむつ交換、赤ちゃんの入浴補助など

育児家庭訪問

子育てに不安や悩みを抱え、専門的な支援が必要な場合には、助産師や保健師が訪問し、育児の相談・指導等を行います。詳しくは、こども支援課こども家庭相談センター(電話番号024-924-3341)までお問い合わせください。

福島県子育て応援パスポート事業(ファミたんカード)

郡山市では、県・事業者と協力して、社会全体で子育て家庭を応援する「子育て応援パスポート事業」を行っています。

パスポートカードを事業に協賛している店舗で提示すると、さまざまな特典を受けることができます。

詳しくは下記のリンク先からご覧ください。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ