ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

届出・手続き

子育ての主な届け出・手続きをお知らせします。

妊娠したら

「妊娠届」を提出しましょう

医療機関で妊娠が確定したら、できるだけ早めに(11週頃までに)妊娠届を提出し、「母子健康手帳」と「母と子の健康のしおり」(妊産婦健康診査受診票)の交付を受けましょう。

妊娠届は、ニコニコこども館、保健所地域保健課、駅前健康相談センター、緑ケ丘市民サービスセンター、各行政センターで受け付けています。

県外の医療機関や市外の助産所で妊産婦健診

里帰りなどで、県外の医療機関及び市外の助産所で妊産婦一般健康診査を受けた方は、請求された金額を支払った後、市への助成申請をする(償還払い)ことができます。

必要書類をそろえて、ニコニコこども館でお手続きください。

その他

詳しくは、以下のページをご確認ください。

妊娠したら

赤ちゃんが生まれたら

出生届

出生した日から14日以内(出生日を含む)に市民課、各行政センター、各連絡所、市民サービスセンター、緑ケ丘市民サービスセンターで戸籍の届け出を行ってください。

戸籍の届出

赤ちゃんとお母さんのための家庭訪問

こんにちは赤ちゃん訪問

生後4か月ごろまでの赤ちゃんがいる家庭を対象に、看護師等が訪問し、子育てに関する情報提供などを行います。

助産師訪問(希望者のみ)

生後2か月ごろまでの赤ちゃんがいる家庭を対象に、助産師が訪問し、母乳や育児の相談に応じます。希望される方は、「母と子の健康のしおり」または「すくすく手帳」についている「助産師訪問連絡票」を提出してください。

2500グラム未満の赤ちゃんがうまれたら

「低体重児出生届」を、早めに郡山市こども総合支援センター(ニコニコこども館)まで提出してください。

その他

詳しくは、以下のページをご確認ください。

子どもを預けたい

助成を受けたい

児童手当

中学校3年生までの子どもを養育している方に支給されます。出生及び前住所の転出予定日の翌日から15日以内に申請をしてください。

※申請が遅れると、支給できる月数が減る場合があります。

児童手当

こども医療費の助成

18歳までの市民の方にかかる医療費の一部を助成します。助成を受けるには、書類をそろえて手続きし、「こども医療費受給資格者証」の交付を受ける必要があります。

こども医療費助成制度

その他

詳しくは、以下のページをご確認ください。

助成を受けたい

子どもを預けたい

認可保育所

保護者が仕事や病気などの理由で、0歳~小学校就学前の子どもの保育ができない場合に、子どもを預かって保育します。

郡山市認可保育所情報

一時的保育事業

保護者の就労・傷病・入院などにより、ご家庭での保育が困難となる場合に、一時的、断続的に就学前のお子さんをお預かりします。実施保育所に電話等で空き状況を確認の上、直接、施設へお申込みください。

一時的保育

病後児保育事業

病気の回復期にあるお子さんを、専用施設において保育士と看護師が医師との連携を図りながら一時的にお預かりします。各実施施設に電話等で予約をして、直接、施設へお申し込みください。

病後児保育事業

その他

詳しくは、以下のページをご確認ください。

子どもを預けたい

健診・予防接種を受けたい

妊産婦さんの健康診査

医療機関で妊娠が確定したら、できるだけ早めに(11週頃までに)妊娠届を提出し、「母子健康手帳」と「母と子の健康のしおり」(妊産婦健康診査受診票)の交付を受けましょう。妊産婦健康診査の一部助成を受けることができる16回分の受診券が入っています。

妊娠したら

子どもの健康診査

4か月・10か月・1歳6か月・3歳時に医療機関または指定会場で受診してください。

  • 4か月児、10か月児健康診査は個人通知がありません。「すくすく手帳」に受診できる医療機関が記載されているので、対象時期になったら、受診する医療機関に電話で確認の上受診してください。
  • 1歳6か月児、3歳児健康診査は、個別に日時、会場の案内を郵送します。1歳10か月または3歳7か月になっても通知が来ない場合はお問い合わせください。こども総合支援センター(ニコニコこども館)、行政センターなど3会場で実施しています。

こどもの健診について

予防接種法に基づく定期予防接種

郡山市で行う定期予防接種は、指定された医療機関で個別に受けていただくことになっています。実施時期は、通年です(4月から翌年3月)。「予防接種予診票」は生後1か月頃に「すくすくセット」に同封し、郵送します。

定期予防接種について

任意の予防接種

定期予防接種以外の任意の予防接種(おたふくかぜ・水ぼうそう・ロタウイルスワクチン)について、接種費用の助成を行っています。

任意の予防接種の助成について

その他

詳しくは、以下のページをご確認ください。

健診・予防接種を受けたい

子どもがほしい

特定不妊治療の治療費を一部助成します

保険診療の適応とならない体外受精及び顕微授精の治療を受けているご夫婦に、不妊治療に要する費用の一部を助成します。必要書類をそろえて、こども支援課または保健所地域保健課で申請してください。

特定不妊治療費の助成

その他

詳しくは、以下のページをご確認ください。

子どもが欲しい

福島県子育て応援パスポート(ファミたんカード)がほしい

福島県では、事業者と協力して社会全体で子育て家庭を応援する「子育て応援パスポート事業」を行っています。パスポートカードを事業に協賛している店舗で提示すると、さまざまな特典を受けることができます。

福島県子育て応援パスポート(ファミたんカード)について

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ