ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > マタニティママ

ここから本文です。

更新日:2016年7月29日

マタニティママ

「妊娠届」を提出しましょう

医療機関で妊娠が確定したら、できるだけ早めに(11週頃までに)妊娠届を提出し、「母子健康手帳」と「母と子の健康のしおり」(妊産婦健康診査受診票)の交付を受けましょう。

「母子健康手帳」

妊娠から就学時までの母と子の健康記録として大切なものです。

「母と子の健康のしおり」

妊産婦健康診査の一部助成を受けることができる16回分の受診券が入っています。県内医療機関受診の場合、「母と子の健康のしおり」を必ず医療機関の窓口に提出してください。

妊娠届受付場所・時間

郡山市こども総合支援センター(ニコニコこども館)

  • 時間…8時30分~18時00分
  • 休日…第3土曜日とその翌日の日曜日年末年始(12月29日~1月3日)

郡山市保健所地域保健課

  • 時間…8時30分~17時15分
  • 休日…土・日曜日、祝休日、年末年始(12月29日~1月3日)

郡山駅前健康相談センター

  • 時間…10時00分~19時00分
  • 休日…月曜日、年末年始(12月29日~1月3日)

緑ケ丘市民サービスセンター

  • 時間…8時30分~17時15分
  • 休日…土・日曜日、祝休日、年末年始(12月29日~1月3日)

各行政センター

  • 時間…8時30分~17時15分
  • 休日…土・日曜日、祝休日、年末年始(12月29日~1月3日)

県外の医療機関や市外の助産所で妊産婦健診

里帰りなどで、県外の医療機関及び市外の助産所で妊産婦一般健康診査を受けた方は、請求された金額を支払った後、市への助成申請をする(償還払い)ことができます。ただし、上限額があります。

申請に必要なもの

  • 1.妊産婦一般健康診費助成申請書(PDF:52KB)
  • 2.医療機関又は助産所が記入した「妊産婦一般健康診査結果通知書(郡山市保管用)」
  • 3.医療機関又は助産所発行の領収書(妊産婦一般健康診査受診時の領収書)
  • 4.母子健康手帳
  • 5.口座振込みのための妊婦本人名義の通帳
  • 6.印鑑(認印)

申請場所

郡山市こども総合支援センター(ニコニコこども館)

相談・教室

妊婦さんのための教室

はじめて妊娠した方を対象に、出産や子育てに備えての学習や友達づくりを目的に「母親教室」を開催しています。

妊婦さんのための教室について

子育て相談

お子さんのことで気になることや不安なことなど育児に関する助言、栄養に関する教室などを実施しています。

子育て相談

医師や保健師、栄養士などによる相談・教室

医師や保健師、栄養士などによるお子さん(幼児)のための相談や、お子さんとのかかわりに悩みがある保護者のための教室を開催しています。予約制になっていますので、ご希望の方はご連絡ください。

お子さん(幼児)のための相談・教室について

お母さんのための家庭訪問

妊娠中や出産後の不安や悩みに対して、保健師が訪問して相談に応じます。

希望される場合は、母と子の健康のしおりや、すくすく手帳の「助産師訪問連絡票」を郡山市こども総合支援センター(ニコニコこども館)に提出してください。(郵送、ファクス可)

出生届と一緒に提出される場合は、市民課、市民サービスセンター、緑ケ丘市民サービスセンター、各行政センターに提出してください。

転入された妊婦さんへ

転入前の市区町村で交付された「母と子の健康のしおり」などの、妊婦健診の助成券は使用できません。新たに交付を受けてください。

他市区町村での公費負担による受診が15回未満の場合は、申請により交付することができます。転入の際に、母子健康手帳交付場所で申請をしてください。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ