ここから本文です。

更新日:2014年2月20日

これからママ

特定不妊治療の治療費を一部助成します

保険診療の適応とならない体外受精及び顕微授精の治療を受けているご夫婦に、不妊治療に要する費用の一部を助成します。

1回の治療につき15万円までを限度としますが、一部の治療において、上限が7万5千円になります。

1年度(※)目は年3回、2年度目以降は年2回を限度に、通算5年間助成します。助成回数は、通算10回が上限となります。以前に他の都道府県等で助成を受けている場合も通算年、回数に積算されます。

(※)「1年度」とは、申請を初めて行った日の属する年度で、4月から翌年3月までです。申請日から1年間ではありませんのでご注意ください。

特定不妊治療費の助成

風しん抗体検査費用を助成します

風しんに対する免疫を持たない妊婦さん、特に妊娠初期の妊婦さんが風しんにかかると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障などの先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれることがあります。

郡山市では、先天性風しん症候群の予防を目的として、風しん抗体検査費用を助成します。

抗体検査の結果、風しんの抗体価が十分にある場合は、ワクチン接種の必要はありませんが、不十分な場合は、ワクチン接種を希望する際に費用の一部助成を受けることができます。

平成25年度郡山市風しんワクチン接種費用一部助成のお知らせ

子育てに関する相談

郡山市内には、内容に応じて、いろいろな相談機関があります。一人で悩まないで気軽に相談してみましょう。

子育てに関する相談

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ