ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > 花の画家ルドゥーテ

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

花の画家ルドゥーテ

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ(1759~1840)は、フランスの宮廷画家であり植物画の巨匠と称されています。ベルギー生まれのルドゥーテは、パリで植物画の基本を身に付けた後、フランス王朝ルイ16世の時代に王妃マリー=アントワネットお抱えの植物画家となり、フランス革命後にはナポレオン一世の后妃ジョゼフィーヌの下で活躍しました。「花のラファエロ」、「バラの画家」と絶賛されたルドゥーテの植物画には、植物学に基づく精緻さのみならず豊かな芸術性が備わっています。そして、現在でも世界中の人々を魅了し続けています。
本展覧会では、ルドゥーテの代表作となる銅版画傑作集『美花選』を中心に、貴重な水彩画を含めた214点が出品されます。ルドゥーテの優れた業績を紹介するとともに、見る人の心に潤いをもたらすことを願って、花々の普遍的な魅力にあふれた作品を展覧します。

会期

2011年9月3日(土曜日)~10月23日(日曜日)

開館時間

午前9時30分~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日

9月19日(祝・月)開館、翌20日(火曜日)休館

10月10日(祝・月)開館、翌11日(火曜日)休館

主催

郡山市立美術館

後援

ベルギー大使館

観覧料

一般:800(640)円、高・大生:500(400)円

( )内は20名以上の団体料金

65歳以上、中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方:無料