ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > ビアトリクス・ポターTM展

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

ビアトリクス・ポターTM展

ピーターラビット®の作者

世界中で愛されているピーター・ラビット。ビアトリクス・ポター(1866~1943)が親しい友人の子どもへあててた絵手紙をもとに、絵本『ピーターラビットのおはなし™』が出版されたのは、いまから100年以上も前のことでした。たちまち大人気となったこの絵本に続いて、ネズミやネコ、イヌやブタといった身近な動物たちを主人公にした絵本を次々と制作したビアトリクス。日本では24冊の絵本がピーターラビットのシリーズとして親しまれています。

自然への深いまなざしと感情

ヴィクトリア朝時代のロンドン、裕福な家庭に育ったビアトリクス。幼いころから身のまわりの動植物を観察し、絵を描くのが大好きだった彼女は、科学的で冷静な眼で対象を描き、特にキノコの観察では研究者をめざしたほどでした。こうした徹底的な観察のうえに立った描写は、やがて絵本の中でも生かされることになりました。絵本作家として有名になったあと、イギリス北西部の緑豊かな湖水地方で農業に従事し、その美しい自然を守ることに力を尽くしたビアトリクス。湖水地方の今も変わらない美しい景観は、彼女の思いを伝えてくれます。

ビアトリクスとの出会い

父が撮影したビアトリクスの写真、彼女の手紙や暗号で書かれた日記、絵本の初版本や絵本のキャラクターが使われたビアトリクス考案のグッズなどのさまざまな資料を含め、彼女の描写力が窺われる優れた水彩画の数々、絵本の挿絵のために描いた下絵など、約100点の出品作によって、ビアトリクス・ポターの生涯をご紹介します。彼女の作品やその生涯に見られる自然への深い愛情は、現代に生きる私たちにも多くの示唆を与えてくれることでしょう。

1

2

  1. 《ヒルトップの玄関にいるピーターラビットとベンジャミン・バニー》1930年/フレデリック・ウォーン社蔵
    Reproduced by permission of Frederick Warne & Co.
  2. 『こぶたのピグリン・ブランドのおはなし』ピグリン・ブランドとアレクサンダーの下絵 1910年頃/国立ヴィクトリア アンド アルバート美術館蔵
    The Trustees of the Linder Collection
    Reproduced by permission of Frederick Warne & Co.

*展覧会概要は、こちら(JPG:836KB)

会期中のイベント紹介(すべて終了しました)

講演会「イギリス、この美しき田園の国」

8月1日(日曜日)14時00分~
会場/多目的スタジオ
講師/林望氏(作家、書誌学者)
参加無料
『イギリスはおいしい』をはじめとして英国関係の著書も多いリンボウ先生に、ポターに見る英国人らしさを語っていただきます。

美術館マルシェ~農はアートだ!~

8月22日(日曜日) 10時00分~16時00分

会場/美術館前庭

郡山市農政課、郡山農業青年会議所、郡山農学校、郡山市立美術館友の会

一つ一つが個性あふれる魅力をもった農作物。
各生産者によって創出されたアートでもある郡山産の農作物の魅力を紹介します。
新鮮な夏野菜のお買いものも楽しめます。

ピーター・ラビット®エコステージ

8月8日(日曜日)

  1. 11時00分~
  2. 14時00分~

会場/多目的スタジオ

ピーターラビットとベンジャミンバニーが繰り広げるステージショー。
ピーターとベンジャミンと一緒に楽しくエコを学ぼう!

参加無料 先着100名

おはなし会 参加無料

会場/講義室ほか

7月31日(土曜日)

  1. 11時00分~ あさか開成高校読み聞かせボランティア部オイガ、郡山第一中学校有志
  2. 14時00分~ オイガ、須賀川養護学校読み聞かせボランティア部ミ・コラソン

8月21日(土曜日)

  1. 11時00分~ オイガ、郡山第二中学校有志
  2. 14時00分~ オイガ ゲスト:岩崎京子さん(児童文学者、作家)

ミュージアム・シアター

「英国ロイヤル・バレエ団 ピーターラビットと仲間たち」
8月14日(土曜日)・15日(日曜日) 参加無料[上映時間 76分]
10時00分~15時50分(リピート上映) 会場/多目的スタジオ
ピーターラビットと仲間たちがバレエの舞台で活躍します。

「ミス・ポター」
8月29日(日曜日)1.11時00分~ 2.14時00分~ 会場/多目的スタジオ
ビアトリクス・ポターの生きた時代と彼女の波乱にとんだ人生を丁寧に映画化。
絵本のキャラクターたちもアニメーションで登場します。

ギャラリートーク

7月24日(土曜日)・9月4日(土曜日)14時00分~

会場/企画展示室 講師/当館学芸員

*会場での作品解説となるため、企画展チケットが必要です。

美術講座 参加無料

8月28日(土曜日)14時00分~

会場/講義室 講師/当館学芸員

当館所蔵品との関連を含め、ポターの生涯や出品作品についてお話しします。

*会期中のイベントは、こちら(JPG:895KB)

会期

平成22(2010)年7月17日(土曜日)~9月5日(日曜日)

主催

郡山市立美術館、テレビユー福島

特別協力

国立ヴィクトリア アンド アルバート美術館、フレデリック・ウォーン社

協力

フリー・ライブラリー・オブ・フィラデルフィア、プリンストン大学図書館コットスン・チルドレンズ・コレクション、ビアトリクス・ポター・ソサエティー、リンダ・リア、辻丸純一、河野芳英(大東文化大学英米文学科教授)、日本航空、日本通運、コピーライツアジア株式会社

会場

郡山市立美術館

開館時間

午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)

*夜間開館* 7月24日以降の毎週土曜日は午後8時まで(最終入館は午後7時30分)

夜間開館時にご入場いただいた方にポストカードプレゼント!

休館日

毎週月曜日(7月19日[月]は開館、翌日20日[火]休館)

観覧料

一般800(640)円、高校・大学生500(400)円

( )内は20名以上の団体料金

中学生以下、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料