ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > 美のおもちゃ箱

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

美のおもちゃ箱

美術品コレクター、音楽評論家として知られる河野保雄氏のコレクション展。
河野氏は、1990(平成2)年6月、福島市に百点美術館を開設しました。そこに展示されたものはすべて、河野氏が長年にわたり収集してこられた美術品で、青木繁、岸田劉生、長谷川利行といった日本近代美術を代表する画家たちによる珠玉の作品群でした。同館はコンサートなども開催し、福島県の美術発展において多大な役割を果たしましたが、2006(平成18)年に惜しまれつつ閉館しました。
この展覧会は、河野氏が「おもちゃ箱のように」という思いのもと、氏がこれまで独自の審美眼をもって収集した作品に、新たな出会いによって加えた作品を含めた約180点で構成されます。ジャンルを問わないユニークなものばかりで、河野保雄という個人のロマンや夢を代弁するものとして集められたものです。ゆえに、日本の近代美術史では決して語られないであろう作家の作品や、絵本の原画や版画、そしてガラス絵など、普段はあまり眼にすることのできない作品のみで構成されたたいへん珍しい展覧会になっています。

会期

平成22(2010)年4月17日(土曜日)~5月16日(日曜日)

主催

郡山市立美術館

会場

郡山市立美術館

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日(5月3日は開館、5月6日は休館)

観覧料

一般500円(400)円 高・大学生300(240)円

※( )内は20名以上の団体料金。

中学生以下、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。