ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > 忘れえぬロシア

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

忘れえぬロシア

国立トレチャコフ美術館展
忘れえぬロシア

ロシア美術の殿堂、モスクワの国立トレチャコフ美術館。なかでも19世紀後半から20世紀初頭にかけてのロシア美術の作品は、創始者である19世紀のロシアの実業家、トレチャコフがとりわけ熱心に収集したもので、同時代の作家の作品が揃っている。それらは、祖国ロシアの歴史やロシアの誇りである様々な階層の人々の姿、そして自然を題材とした作品のみならず、フランスから伝わった印象派はリアリズムの動きと合流し、ロシアの印象派とも呼ぶべき作品も含まれる。

本展は、ロシア美術の代表的画家、レーピンやクラムスコイ、シーシキン等による、1850年代からロシア革命以前までの時代、人々の生活や、美しくも壮大なロシアの自然や美しい情景を描いた作品を中心に、著名人チェーホフ、トルストイ、ツルゲーネフ等の肖像画を加えて構成され、リアリズムから印象主義に至るロシア近代美術の流れをたどる日本で初めての試みである。

会期

平成21(2009)年10月24日(土曜日)~12月13日(日曜日)

主催

郡山市立美術館

後援

ロシア連邦大使館、ロシア国際文化科学協力センター

協力

日本航空

企画協力

アートインプレッション

会場

郡山市立美術館

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日(11月23日は開館、翌日休館)

観覧料

一般1,000円(800)円 高・大学生500(400)円

※( )内は20名以上の団体料金。

中学生以下、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。