ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > 佐藤静司 彫刻展

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

佐藤静司 彫刻展


1915(大正4)年郡山に生まれた彫刻家・佐藤静司。90歳を越えた現在も日展を中心に活躍を続けています。

同郷の木彫家・三木宗策(1891~1945)に学び、戦後は澤田政廣(1894~1988)に師事して、伝統的な木彫技術を修得。1960年代以降、確かな技術に裏づけされたモダンな造形で、ストイックでありながら自由闊達でユニークな作品を発表しています。それは作家の人となりを反映し、豊かな観察眼と感受性から生み出されたものでもあります。「自分を壊しては作っていくのが大切」、「先に何かを発見したいという気持ちで進んでいる」と語る彫刻家は、いまも新鮮な感動を求めて変化し続けています。

日展では審査員、評議員などを歴任し、1997(平成9)年には勲四等瑞宝章を受章。郡山市内にはモニュメントなど作品が各所に展示され、郡山市フロンティア大使でもある彫刻家・佐藤静司。その70年余りの創作の歩みを紹介します。

凛々しく力強い僧侶、あどけない表情の幼児、美しい女性像や慈悲あふれる母子像といった作品の数々 ― その木のぬくもりと清々しさは私たちをやさしく包んで、心安らぐ時間をもたらしてくれることでしょう。

会期

2007年2月10日(土曜日)~3月25日(日曜日)

主催

郡山市立美術館

会場

郡山市立美術館企画展示室

開館時間

午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日 2月12日(月・祝)は開館、翌日休館

観覧料

一般800円(640円)高大生500円(400円)

※中学生以下、65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方は無料となります。

※( )内は20名以上の団体料金となります。