ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > 山下清展

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

山下清展


花火のように、美しく― 山下清は、1922(大正11)年、東京に生まれました。3歳の時の病気で軽い障がいが残った彼は、12歳の時千葉の養護施設「八幡学園」に入園し、「ちぎり絵」に出合います。初めは小さな虫、可憐な花を描き、やがてその目は豊かな風景をとらえていきました。そして18歳の時学園を飛び出し、32歳まで日本各地を放浪し、たまに学園に戻っては日記を書き、貼絵を制作しました。アメリカの「ライフ誌」にもその才能が紹介され、全国的に有名になった山下は玉のような作品を指先から紡ぎ続け、「東海道五十三次」制作に専念していた1971(昭和46)年、49歳でこの世を去りました。

山下の絵は、驚異的な記憶力によって、眼に映るもの一つ一つがこつこつと形づくられ、独特の明るさと温かさに満ちています。ただ無心に、純粋に描きつづけた素朴さを伝え、今なお多くの人の心をとらえて離しません。この展覧会では、修復を経て蘇った貼絵の名作をはじめとして、素描、水彩、油彩、陶器の絵付など約140点により、山下清の画業の全貌を一堂に展観します。

会期

2006(平成18)年7月15日(土曜日)~8月20日(日曜日)

主催

郡山市立美術館

協力

山下清作品管理事務局

会場

郡山市立美術館

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日(ただし17日の海の日は開館、翌18日は休館)

観覧料

一般500(400)円
高・大学生300(240)円

※中学生以下、65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方は無料となります。

※( )内は20名以上の団体料金