ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > イギリスの美しい本展

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

イギリスの美しい本展


グーテンベルグによって発明された印刷技術により、それまでごく一部の限られた階層のみが手にしていた書物は広く行きわたるようになりました。当初、書物は紙面を折りたたんだ状態で売られていたため購入者は製本しなければならず、その結果、所有者の好みを反映したさまざまな装丁が生まれました。

イギリスにおける印刷技術の黎明は、ウィリアム・カクストン(1422?-91)によりもたらされました。以後数百年にわたり、ヨーロッパ各地同様、書物が印刷されましたが、とりわけ19世紀に入ってからの隆盛は目をみはるものがあります。ブレイクやターナーにより挿絵が手がけられ、子どものための絵本も次々に登場しました。さらにウィリアム・モリス率いるケルムスコット・プレスをはじめとするプライベート・プレスは、手仕事を尊重するアーツ・アンド・クラフツ運動を牽引し、ついには「世界三大美書」と謳われる美麗な書物を生み出しました。

本展は、カクストンに始まるイギリスの美しい本の歴史をケルムスコット・プレスを経て現代まで辿るものです。第1部では揺籃期から20世紀初めに至る書物の流れを、第2部ではイギリス国内で最も権威のある製本装幀家協会「デザイナー・ブックバインダーズ」の作品を紹介いたします。絶えることなく現代にまで受け継がれてきた技術と新たな創意、そして何よりも書物を後の世に伝えた装丁家をはじめとする技術者の本に対する思いを感じ取っていただければ幸いです。

会期

2006(平成18)年6月10日(土曜日)~7月9日(日曜日)

主催

郡山市立美術館、東京新聞

後援

ブリティッシュ・カウンシル、デザイナー・ブックバインダーズ展覧会運営委員会

協力

日本航空

会場

郡山市立美術館

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日

観覧料

一般800円(640円)/高・大学生500円(400円)

※中学生以下、65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方は無料となります。

※( )内は20名以上の団体料金となります。