ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > アメリカの素顔

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

アメリカの素顔

SELECTIONS FROM THE WHITNEY MUSEUM OF AMERICAN ART

アメリカ-ホイットニー美術館コレクションに見るアメリカの素顔

ニューヨークにあるホイットニー美術館は、1930年に創設以来、若い芸術家たちの作品収集と現代美術展とを精力的に行い、アメリカ合衆国における現代美術の発信基地として知られています。この展覧会は、ホイットニー美術館の全面的な協力により、20世紀のアメリカ美術の流れを概観しようとするものです。「移民」、「都市」、「消費」、「記憶」をテーマに、ホッパー、リキテンスタイン、ウォーホル、バスキアをはじめ、各都市を代表する芸術家による絵画、彫刻など、46点を展示します。

超大国であるアメリカは、多民族、多宗教、多文化に起因する問題を抱え、経済格差やテロ、犯罪といった、常に混沌とした状況にあります。その中でアメリカ人たちは、諸問題にどう立ち向かっているのかを、美術作品の中から読み取ってみましょう。その問いの中にこそ、現代美術をリードするアメリカ美術の本質が隠されているのではないでしょうか。アメリカの現代美術が示す社会性は、現代の日本に生きる私たちにとって大きな問題提起となり、美術というものの可能性についてより深く考える機会となるでしょう。

会期

2006年1月28日(土曜日)~3月12日(日曜日)

主催

郡山市立美術館

後援

アメリカ大使館

協力

日本航空

展覧会
オーガナイザー

ホイットニー美術館

企画協力

ホワイトインターナショナル

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日

観覧料

一般1000(800)円
高・大学生500(400)円

※中学生以下、65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方は無料となります。
※( )内は20名以上の団体料金