ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > 林原美術館名品展華麗なる能装束

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

林原美術館名品展華麗なる能装束


岡山市にある林原美術館は、刀剣、甲冑武具、絵画書跡、陶磁器などの質の高いコレクションで知られています。なかでも、ひときわ注目すべきものに、岡山藩・池田家に伝来した能装束があります。桃山時代から幕末にいたるこれらの能装束は、重要文化財も含めて約五百領にも及び、質・量共に日本最高のコレクションのひとつにあげられます。

能楽に使われた能装束は、近世染織の中でも、卓抜した素材、意匠、技、美意識が凝縮され、一体化した、極めて完成度の高い世界を展開させました。唐織、厚板、摺箔、縫箔など、いずれも特色豊かな作ゆきを誇っています。本展は、林原美術館の全面的なご協力を得て、能装束と能面を合わせた約85点により、華麗で繊細優美な能装束の世界をご堪能いただきます。

会期

2005年9月10日(土曜日)~10月16日(日曜日)

主催

郡山市立美術館

出品協力

財団法人 林原美術館

協力

独立行政法人日本芸術文化振興会 国立能楽堂

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日9月19日(祝)、10月10日(祝)は開館、翌火曜日休館

観覧料

一般800(640)円
高・大学生500(400)円

※中学生以下、65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方は無料となります。

※( )内は20名以上の団体料金