ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > ルネ・ラリックのガラス

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

ルネ・ラリックのガラス

ベル・エポックの華
ルネ・ラリックのガラス


19世紀末から20世紀前半にかけて、のちにベル・エポック(よき時代)と呼ばれる時代の装飾芸術家ルネ・ラリック(1860~1945)のガラス作品に焦点をあてた展覧会を開催します。

宝飾デザイナーとして出発したラリックが、ガラス工芸家として知られるようになるのは20世紀の初頭のことで、アール・ヌーヴォーの旗手エミール・ガレ亡き後のガラス工芸界の第一人者として活躍することになります。ラリックの作品は斬新な技法と作風によって芸術性と高級感を兼ね備え、また、室内装飾、自動車用品など、ガラスの応用分野を広げていきました。モティーフにも、鳥や植物のような自然や、神話や故事に題材を得た浪漫的なもの、さらにはアール・デコ的な幾何学的、象徴的な表現まで多岐にわたっています。

これを機に、ルネ・ラリックという稀代の芸術家による光と色彩のファンタジーの世界をお楽しみください。

会期

2005年2月11日(祝)~3月27日(日曜日)

主催

郡山市立美術館

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(3月21日は開館、22日は休館)

観覧料

一般1000(800)円
高・大学生500(400)円

※中学生以下、65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方は無料となります。

※( )内は20名以上の団体料金