ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > 三木宗策の世界

ここから本文です。

更新日:2015年12月25日

過去の展覧会

没後70年
三木宗策の世界
木彫の正統

企画展

会期

2015年10月31日(土曜日)~12月23日(水曜日・祝日)

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日

11月23日(月・祝)は開館、翌日休館

主催

郡山市立美術館

観覧料

一般:500(300)円

高校・大学生:300(240)円

()内は20名以上の団体料金

中学生以下、65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方は無料

三木宗策(1891~1945)は郡山市本町に生まれ、高村光雲門下の山本瑞雲に学び、木彫界の中心作家のひとりとして活躍しました。1940(昭和15)年日本木彫会から分かれた正統木彫家協会の結成に参加するなど木彫の正統を担う作家として嘱望されましたが、1945(昭和20)疎開中に郷里・郡山で歿しました。今展では、没後70年を迎えその生涯を回顧し、改めてその業績をご紹介いたします。

講演会(入場無料)

「近代の正統性
三木宗策の仏像をめぐって」

講師:小泉晋弥さん(茨城大学教授)

日時:11月23日(月曜日・祝日)午後2時から

場所:多目的スタジオ

美術講座(入場無料)

「近代の木彫作品を伝える」

講師:当館学芸員

日時:12月5日(土曜日)午後2時から

場所:講義室

美術講座(入場無料)

「三木宗策と戦前の彫刻について」

講師:当館学芸員

日時:12月13日(日曜日)午後2時から

場所:講義室

ギャラリートーク(要観覧券)

講師:当館学芸員

日時:11月14日(土曜日)、28日(土曜日)、各日午前11時から

場所:企画展示室