ホーム > 展示案内 > 過去の展覧会 > 超絶技巧!明治工芸の粋

ここから本文です。

更新日:2015年6月15日

過去の展覧会

超絶技巧!明治工芸の粋

企画展

会期

2015年4月21日(火曜日)~6月14日(日曜日)

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日(5月4日(月曜日・祝日)は開館、5月7日(木曜日)休館)

主催

郡山市立美術館

協力

清水三年坂美術館

監修 山下裕二(明治学院大学教授)
企画協力 広瀬麻美(浅野研究所)
観覧料

一般:1000(800)円高大500(400)円

()内は20名以上の団体料金

中学生以下、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料

明治工芸の粋

明治時代、表現力・技術ともに最高レベルに達した日本の工芸品は、万国博覧会に出品され海外の人々を驚嘆させました。ところが、それらの実物を日本国内で見ることはほとんどできません。それは、明治の工芸品の多くは海外輸出用であったためです。

本展では、村田理如(まさゆき)氏の収集による京都・清水三年坂美術館の所蔵品のうち、並河靖之らの七宝、正阿弥勝義らの金工、柴田是真、白山松哉らの漆工、旭玉山、安藤緑山らの牙彫をはじめ、驚くべき技工が凝らされた薩摩焼や印籠、近年海外から買い戻された、ほとんど未紹介であった刺繍絵画など、選りすぐりの約160点を紹介します。

鋭い観察眼から生まれたリアリティ、ミクロ単位で刻まれた文様、繊細な手仕事……海外の人々を驚愕させた明治の日本人たちの真の底力をぜひ感じとってください。

展覧会ちらし表面(JPG:1,564KB)

展覧会ちらし裏面(JPG:2,371KB)

対談

「再発見、明治工芸の粋」(仮題)

講師:

村田理如(まさゆき)さん(清水三年坂美術館館長)

山下裕二さん(本展監修者、明治学院大学教授)

日時:2015年4月29日(水曜日・祝日)午後2時から

会場:多目的スタジオ(参加無料)

美術講座

「知られざる明治工芸の魅力」

講師:当館学芸員

日時:2015年5月23日(土曜日)午後2時から

会場:講義室(入場無料)

ギャラリートーク

講師:当館学芸員

日時:2015年5月9日(土曜日)、6月6日(土曜日)午後2時から

会場:企画展示室(観覧券が必要です)

映画会(会場:多目的スタジオ。無料。開場は30分前)

「こころ」

市川崑監督(1955年)

日時:2015年5月16日(土曜日)午後2時から

会場:多目的スタジオ(入場無料)

「山椒大夫」

溝口健二監督(1954年)

日時:2015年6月13日(土曜日)午後2時から

会場:多目的スタジオ(入場無料)