ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 小中学校 > 本市における通学区域(学区)の弾力的運用制度の創設について

ここから本文です。

更新日:2018年10月3日

本市における通学区域(学区)の弾力的運用制度の創設について

通学区域の弾力的運用制度について

本市教育委員会は、平成31年4月から通学区域の弾力的運用制度(隣接区域選択制)を富田東小学校及び行健第二小学校に導入し、当該校の通学区域に居住する児童、並びに平成31年度に当該校に入学予定児童の「通学する小学校の選択の幅」を広げることにしました。

金透小学校については、長年にわたり研究内容を広く公開するなど本市教育をリードしてきたところであり、今後もその役割を担っていくことや公共交通機関を利用して市内各地から通学することが可能であることから特認校に指定し、平成31年4月から一定の規模以上の小学校から金透小学校へ通うことができるようになります。

なお、西田学園小学部については、平成30年度に引き続き特認校制度による新1年生を募集します。

資料

関連書類ダウンロード

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会学校教育部学校教育推進課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2431

ファックス番号:024-935-5610

gakkyo@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ