ホーム > くらし > 上下水道・浄化槽 > 水道 > 水道局からのお知らせ・広報 > 平成29年4月分から水道料金が値下げされます

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

平成29年4月分から水道料金が値下げされます

水道事業は、地方公営企業として独立採算を原則としており、水道水をつくりお客様にお届けするために必要な費用は、お客様からお預かりした水道料金で賄って経営しています。

また、水道料金は、事業計画や財政計画をもとに、学識経験者や水道使用者で構成される「郡山市水道事業経営審議会」で審議いただいており、水道料金を改定する場合は、市議会の議決が必要となります。

平成28年7月29日に審議会へ「水道料金」について諮問しておりましたが、同年10月11日に水道料金の減額改定(値下げ)が望ましい旨の答申を受けました。水道局では、この答申に沿って水道料金の在り方を検討し、平成28年12月市議会で議案が審議・議決されたことから、平成29年4月分からの水道料金の改定が決定しました。

H28答申2
 

郡山市水道事業経営審議会

からの答申

平成28年度郡山市水道事業経営審議会(別ウィンドウが開きます)

答申のポイント

「水道料金は、水道使用者の多数を占める一般家庭、とりわけ子育て環境や高齢化などを背景とした社会的要請に配慮した料金体系とすることが求められている。」

⇒「水量料金について、一般家庭の生活用水が多くを占める「1立方メートルから20立方メートル」の単価の改定率について配慮すること。」

値下げはどうして?

経営の効率化や経費節減(「水道料金等徴収業務の包括的業務委託」など)により、水道料金収入が水道事業の経営に必要な費用を上回ることから、料金改定(値下げ)が可能となりました。

ここが変わります

上記「答申のポイント」を踏まえ、水量料金は子育て世帯など「一般家庭」が多く適用される「1立方メートルから20立方メートル」の単価を手厚く引き下げします(下表のとおり)。

なお、準備料金は現行のまま据え置きます。

【1立方メートルあたりの水量料金表(税込)】

区分(1か月あたりの使用水量)

平成29年3月分

までの単価

平成29年4月分

以降の単価

値下げ額

(値下げ率)

1から20立方メートルまで

1立方メートルにつき

108円

100.44円

7.56円

(7%)

20立方メートルを超えるもの

1立方メートルにつき

226.8円

222.48円

4.32円

(1.9%)

 

水道料金は、各家庭等に取りつけられているメーターを2か月ごとに検針し、メーター口径による準備料金と使用水量により計算します。お客様の使用水量は、検針時にお届けしている「水道料金・下水道等使用料のお知らせ」をご確認ください。

新しい水道料金のQ&A

Q1:私の家は4月に水道メーターの検針がありますが、料金はどのようになりますか?

新しい料金は、平成29年4月使用分から適用されます。4月検針分の料金は、3月・4月の使用分となりますので、お支払いいただく料金の約半分は新料金となります。なお、5月以降の検針分は全額が新料金となります。

Q2:新しい料金になった後、私の家はどのくらい料金が下がりますか?

メーター口径が13ミリメートルで2か月分(4月分・5月分)の使用量が48立方メートル(本市の4人世帯の平均的な使用水量)の場合

  • 準備料金 1,144.8円×2か月分=2,289.6円…a
  • 水量料金 (20立方メートル×100.44円+4立方メートル×222.48円)×2か月=5,797.44円…b

※1か月24立方メートル(48立方メートル/2か月)使用したとして計算します。

  • 水道料金 a+b=8,087円(2か月分) ※1円未満端数切り捨て

1回の請求(2か月分)あたり337円下がり、年間約2,022円の値下げとなります。

Q3:新しい料金となる際に、改めて何か手続きは必要ですか?

お客様に改めてお手続きいただくことはありません。

 

関連リンク

水道料金の計算方法(別ウィンドウが開きます)

郡山市水道事業経営審議会(別ウインドウが開きます)

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

水道局総務課 

〒963-8016 福島県郡山市豊田町1-4

電話番号:024-932-7643

ファックス番号:024-939-5807

suidosomu@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ