ホーム > くらし > 上下水道・浄化槽 > 下水道 > 古川ポンプ場の実負荷試運転を住民の皆様に公開しました

ここから本文です。

更新日:2017年6月8日

古川ポンプ場の実負荷試運転を住民の皆様に公開しました

実負荷試運転公開の様子

 

現在、市内には台風やゲリラ豪雨などの大雨による浸水被害を軽減するため、6箇所の雨水ポンプ場があり、日常点検や実際に河川に排水する実負荷試運転を行うなど、検査・点検を定期的に実施し、大雨時に備えています。
平成29年6月3日(土曜日)、見学を希望していた芳賀町内会の皆様方参加の下、古川ポンプ場の実負荷試運転(5台同時運転)の公開を実施いたしました。(既設雨水ポンプ3台に、平成29年3月に雨水ポンプ2台が増設となり、全部で5台となりました。)
参加した皆様は、ポンプ設備が正常に作動し、実際に阿武隈川に排水している様子を見学しました。
市といたしましては、今後も、ポンプ設備の確実な稼働に努めるなど、浸水被害の軽減を図ってまいります。

 

【参加者からの意見等】

  • 非常時の連絡について
    Q:平常時は良いが、災害等の非常時の緊急時の指示系統はどうなっているのか?
    A:雨水ポンプ運転については、常に下水道管理センターの職員立会いのもと委託業者が行っている。そのため、非常時についても下水道管理センターの指示により対応している。
  • 非常時の雨水ポンプの運転管理体制について
    Q:非常時どのような管理体制で雨水ポンプを運転しているか?
    A:非常時の運転管理については、市の「雨水ポンプ場緊急時対応マニュアル」を作成しており、そのマニュアルに基づき下水道管理センターの職員立会いのもと、雨水ポンプの運転を委託業者が行っている。そのため、今後についてもポンプ場の運転管理体制の強化やポンプの確実な稼働に努め、住民の方々の安心につなげていきたい。
  • 回転灯の点灯について
    Q:各雨水ポンプの運転時、運転する号機と回転灯の点灯する番号が突合しているのか?
    A:突合しており、雨水ポンプの動いている号機番号が点灯する。

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

上下水道局下水道保全課 

〒963-8016 福島県郡山市豊田町1-4

電話番号:024-932-7663

ファックス番号:024-939-5820

gesuihozen@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ