ホーム > くらし > 上下水道・浄化槽 > 水道 > お知らせ・広報 > 耐震性貯水槽について

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

耐震性貯水槽について

市では、地震等で万一給水ができない緊急時でも、貴重な飲料水を保存することができる「耐震性貯水槽」を市内15か所の公園等の地下に設置しています。

どんな仕組みなの?

耐震性貯水槽布設工事

この貯水槽は、普段は水道管の一部として使われています。そのため、常時きれいな水が流れる構造になっています。
万一、地震が発生した場合は、両側の緊急遮断弁が閉じて、応急給水用の貯水槽になります。
15槽で約80万リットルもの水の貯水が可能となります。生命維持のために必要な基準量は、1日3リットルとされています。その水量を約26万7千人分保存することができます。

どのように給水するの?

給水スタンドを設置

給水する際には、専用のスタンドを設置して給水を行います。
普段は、スタンドを設置していないのでわかりにくいですが、付近には案内板がありますので、設置場所の確認をお願いします。

耐震性貯水槽設置場所

  • 希望ヶ丘団地(母子寮北側)
  • 芳賀小学校校庭
  • 安積町四ツ長公園
  • 行健小学校職員駐車場
  • 開成山公園(西側駐車場)
  • 緑ケ丘ふれあいセンター駐車場
  • 郡山消防署
  • 西部公園(郡山高校南側)
  • 香久池公園
  • 酒蓋公園
  • 西ノ内公園
  • 荒井中央公園
  • 郡山駅西口駅前広場
  • 21世紀記念公園「麓山の杜」
  • 芳山公園

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

上下水道局水道施設課 

〒963-8016 福島県郡山市豊田町1-4

電話番号:024-932-7642

ファックス番号:024-939-5822

suidoshisetsu@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ