ホーム > 産業・ビジネス・観光 > 入札・契約 > 入札情報 > 上下水道局関係 > 建設工事における中間前金払制度の導入について

ここから本文です。

更新日:2016年5月16日

建設工事における中間前金払制度の導入について

本水道局においては、東日本大震災からの早期復旧・早期復興を図るため、水道局発注工事の前金払の割合を平成23年4月から引き上げを行っていますが、より受注者の資金調達の円滑化を図るため、中間前金払制度を導入することとしましたので、お知らせいたします。

制度概要

1.対象

請負代金額300万円以上の建設工事

2.適用条件

(1)工期の2分の1を経過していること。

(2)工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること。

(3)既に行われた当該工事に係る作業に要した経費が、請負代金額の2分の1以上の額に相当するものであること。

(4)当初の前金払が支出済であること。

3.割合

請負代金額の10分の2以内の額とします。中間前金払を支出した後の前金払の合計金額が請負代金額の10分の6を超えることはできません。なお、東日本大震災の特例に基づき、当分の間「10分の6」を「10分の7」とします。

4.施行日

平成27年4月1日以降に契約を締結したものから適用します。

ダウンロード

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上下水道局総務課 

〒963-8016 福島県郡山市豊田町1-4

電話番号:024-932-7643

ファックス番号:024-939-5807

jougesuisomu@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ