ホーム > 産業・ビジネス・観光 > 入札・契約 > 入札情報 > 上下水道局関係 > 郡山市水道局工事請負契約書第10条第3項及び修繕請負契約書第10条第3項(現場代理人常駐義務緩和条項)に係る運用基準の一部改正について

ここから本文です。

更新日:2016年5月16日

郡山市水道局工事請負契約書第10条第3項及び修繕請負契約書第10条第3項(現場代理人常駐義務緩和条項)に係る運用基準の一部改正について

東日本大震災に伴う災害関連工事等の受注機会の拡大により予想される技術者不足に対応するため、平成23年11月から現場代理人の常駐義務を緩和していますが、平成28年度においても技術者不足に起因する入札不調が多数見込まれることから、郡山市水道局発注の工事及び修繕に加え、郡山市が発注した工事との現場代理人の兼務が可能となりましたのでお知らせいたします。

1.対象工事

郡山市水道局が発注した工事及び修繕並びに郡山市が発注した工事(以下「工事」という。)のうち、次に掲げるいずれかの条件を満たす工事とする。

(1)近接工事(施工にあたり相互に調整を要する工事)(建設業法(昭和24年法律第100号)で定める監理技術者を配置しなければならない工事(以下、「監理技術者配置工事」という。)を除く。)
※監理技術者配置工事とは、3,000万円以上の下請契約を締結する工事(建築一式の場合は、4,500万円以上の下請契約を締結する工事)
(2)それぞれの工事の当初請負金額が、1,000万円未満の3件又は2,500万円未満の2件までで工事担当課長(郡山市の工事担当課長を含む。)が支障なしと認めた工事
(3)(1)(2)に定めるもののほか、工事担当課長、経理課長及び郡山市契約課長が特に必要と認めた工事

2.手続きについて

現場代理人兼任配置届」の提出によるものとする。

3.実施時期

平成28年4月1日以降に執行する入札分から適用する。

ダウンロード

郡山市水道局工事請負契約書第10条第3項及び修繕請負契約書第10条第3項(現場代理人常駐義務緩和条項)に係る運用基準(PDF:56KB)

(別記様式)現場代理人兼任配置届(ワード:19KB)

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上下水道局総務課 

〒963-8016 福島県郡山市豊田町1-4

電話番号:024-932-7643

ファックス番号:024-939-5807

jougesuisomu@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ