ホーム > くらし > 住まい・建築 > 市営住宅 > 市営住宅の入居資格

ここから本文です。

更新日:2016年11月30日

市営住宅の入居資格

1.市営住宅の入居資格

次の6つの入居資格に全て該当する方が、市営住宅の入居申込みができます。

  • [1]同居する親族があること
    単身で申込みできる例外もあります。「2.市営住宅の単身入居資格」を参照してください。
    結婚予定で申し込む方は、入居後3か月以内に婚姻届を済ませ、戸籍謄本を提出することが条件となります。
  • [2]郡山市に住所又は勤務先(アルバイト等は不可)があること
  • [3]住宅に困っていること
    住宅もしくはマンション等を所有(共有含む)している方は、申込みできません。
    現在、公営住宅の名義人となっている方及びその配偶者の方は申込みできません。
  • [4]市区町村民税、固定資産税、国民健康保険税、軽自動車税を滞納していないこと
  • [5]世帯の所得額が基準以下であること
    所得の条件については、関連リンク「市営住宅の家賃と所得」を参照してください。
  • [6]入居申込者及び同居しようとする親族が暴力団員でないこと

2.市営住宅の単身入居資格

上記「1.市営住宅の入居資格」の[2]から[6]に該当する方で、次の条件に一つでも該当する方は、単身(ひとり世帯)でも市営住宅の入居申込みができます。

  • [1]入居時に60歳以上の方
  • [2]身体障がい者手帳の1~4級、精神障がい手帳の1~3級を所持している方、知的障がいの方(単独での自立した生活ができない方は除く)
  • [3]戦傷病者(認定を受け、条件に該当する方)
  • [4]被爆者(認定されている方)
  • [5]生活保護を受給している方
  • [6]海外からの引揚者(引き上げ後、5年以内の方)
  • [7]ハンセン病療養所入所者等(認定されている方)
  • [8]配偶者からのDV被害(地方裁判所等で保護命令がでている方)

3.優先募集物件申込資格

上記「1.市営住宅の入居資格」の[2]から[6]に該当する方で、次の条件に該当する方は、市営住宅の優先募集物件に申込みできます。

注.優先募集物件に申込みした方で一般募集物件に第2希望がある場合は、申込みを受付けます。第1希望が一般募集物件の場合は第2希望で優先募集物件への申込みはできません。一般募集物件のみの申込みとなります。

  • [1]母子世帯
    20歳未満の子を扶養する配偶者のない女子
  • [2]障がい者世帯(単身でも申込みできます)
    生計上主たる所得を有する方が、戦傷病者もしくは身体障がい者(1~4級の方)
  • [3]高齢者世帯(単身申込みはできません)
    世帯主が60歳以上であり同居予定者全員が次のいずれかに該当する世帯
    • ア配偶者の方(年齢の条件はありません)
    • イ18歳未満の方
    • ウ戦傷病者もしくは身体障がい者(1~4級の方)
    • エ60歳以上の方
  • [4]多子世帯
    同居する18歳未満の子が3人以上いる世帯
    注.母子世帯であっても、18歳未満の子が3人以上いる場合は該当します。
  • [5]若年夫婦・子育て世帯
    ア40歳未満の夫婦世帯

    イ40歳未満で義務教育課程を修了していない子がいる世帯

入居資格に関する注意事項(配偶者の取り扱いについて)

  1. 事実上婚姻関係にある方(いわゆる未届の妻、夫)も戸籍上の配偶者と同様に取り扱われますが、住民票にその旨の記載があることが条件となります。
  2. 市営住宅では、離婚が成立していない配偶者と別居しての申込みは認めておりません。
  3. いわゆるDV等の被害者の方は、職員に相談してください。
  4. 単身赴任による別居は住宅困窮者とは認められませんので、申込みできません。

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

建設交通部住宅課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2631

ファックス番号:024-931-5243

juutaku@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ