ホーム > くらし > 住まい・建築 > 市営住宅 > 市営住宅の入居に関する重要事項

ここから本文です。

更新日:2017年2月24日

市営住宅の入居に関する重要事項

1.住宅内の結露

市営住宅は鉄筋コンクリート造で気密性が高く、室内の湿気による結露が四季を問わず発生します。(特に石油ストーブ・ファンヒーター等の使用時)結露対策としては、入居者の判断での随時寒気、除湿機の使用またはエアコンによる冷暖房がありますが、完全に結露を防ぐことはできません。

また、24時間換気設備設置住宅については、住環境の悪化となることから通気口を塞いだりスイッチを切ったりしないでください。

2.水漏れ時の対応

市営住宅は防水構造ではないため、洗濯機、浴槽、台所などの排水を階下に漏らした場合は、階下入居者への家財道具の賠償費用、畳や天井の修理費用は全て自己負担となります。そのため入居後は、家財道具に関する損害保険の加入をお勧めします。

3.届出の義務

入居後は毎年の収入申告や、世帯構成の変更などの届出をして入退去の許可を受ける必要があります。届出を怠ると適正な家賃の計算ができないため、高い家賃を支払うようになる場合があります。その他、15日間以上入居者全員が不在にするときは「市営住宅一時不在届」など、入居中に必要な届出があります。

4.町内会の参加

快適な住環境作りのために積極的に町内会に参加してください。町内会の形態により異なりますが、入居後は町内会費がかかります。

5.共益費の支払

共用部分の電灯、エレベーター、浄化槽維持などの電気料や電灯交換費用については入居者の負担となります。入居者の中から選出された管理人へ入居者が毎月直接支払うことになります。

6.近隣への迷惑行為の禁止

ペットの飼育、騒音、異臭、荷物の溢れ出し・散乱、違法駐車、不法投棄、耕作など近隣への迷惑行為は禁止されています。迷惑行為に該当する場合は住宅を明渡すようになります。

7.住宅使用料

国が定める収入基準額等の基準や入居世帯の人数等の変化に伴い、住宅使用料(家賃)の金額が変動する場合があります。また、居住ミスマッチ(部屋の広さの割に少ない人数で住んでいるようなケース)の解消を図るため、近い将来に割増家賃がかかる可能性があります。

8.滞納と明渡し請求

住宅使用料もしくは住宅駐車料について3か月以上の滞納がある場合は、住宅もしくは駐車場を明渡すようになります。

9.退去時の修繕

退去時は障子、ふすまの張り替え、畳の表替え及びその他破損部、汚損部の修繕をしていただくことになります。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

建設交通部住宅課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2631

ファックス番号:024-931-5243

juutaku@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ