ここから本文です。

更新日:2015年2月25日

路線バス

路線バスは必要なの?

路線バスは、通勤や通学、通院など、私たちの生活の足として、多くの方に利用されてきました。
また、これからの時代(高齢社会の到来や、環境問題への対応など)、様々な面で、その重要性が高まっています。

(参考)日本のCO2(二酸化炭素)排出量のうち運輸部門の排出量は約21%。そのうち9割は自動車から排出されています。路線バスの単位輸送当たりCO2排出量は、車の約10分の3。鉄道は、約10分の1といわれています。

路線バスの現状

しかし、現状は、モータリゼーション(自動車の大衆化)の進展により、バスの利用者は年々、減少しています。

その結果、バス事業者の経営状況は悪化し、バスの運行本数が減るなど、サービスが低下し、ますます利用されなくなる状況にあります。

(参考)郡山都市圏の交通手段別割合

  • 自動車利用の割合
    50%(昭和61年)→74.5%(平成18年)
  • バス利用の割合
    3%(昭和61年)→1%(平成18年)

(郡山都市圏パーソントリップ調査結果)

市の取組み

市では、平成19年度は、主に郊外と中心市街地を結ぶ路線バスに対し約1億1700万円を補助し、路線の維持やダイヤ確保に努めるとともに、利用促進のための地元説明会を行い、チラシの回覧や全戸配布などを行っています。

平成23年6月には、本市の総合的な交通計画である「郡山市総合都市交通戦略」を策定しました。
今後も、皆さんが利用しやすい交通システムについて検討してまいります。

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

建設交通部総合交通政策課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3721

ファックス番号:024-931-5243

sougoukoutuu@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ