ホーム > くらし > 動物 > 死亡した野鳥を見かけたら

ここから本文です。

更新日:2016年11月25日

死亡した野鳥を見かけたら

死亡した野鳥は素手で触らないでください。

野生の鳥は、体内や羽毛などの細菌や寄生虫などの病原体があることがあります。

なお、鳥インフルエンザのリスクが低い場合は、一般ごみとして取り扱います。

同じ場所でたくさんの鳥が死亡していた場合

郡山市内の同じ場所でたくさんの鳥が死亡していた場合は、次の連絡先へご連絡ください。

  • 福島県県中地方振興局県民生活課
    電話:024-935-1295
  • 郡山市園芸畜産振興課畜産係
    電話:024-924-3761

死亡した野鳥について

野鳥はさまざまな原因で死亡します

野生の鳥は、餌がとれずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうことがあります。野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザをただちに疑う必要はありません。

鳥インフルエンザウイルスの人への感染について

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。日常生活においては、過度に心配する必要はありません。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

農林部園芸畜産振興課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3761

ファックス番号:024-938-3150

engeichikusan@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ