ホーム > 産業・ビジネス・観光 > 農業・林業 > 啓発・お知らせ > 稲発酵粗飼料(稲WCS)を利用してみませんか?

ここから本文です。

更新日:2016年9月7日

稲発酵粗飼料(稲WCS)を利用してみませんか?

畜産分野では、BSE発生以来、安全な国内産粗飼料が求められているとともに、輸入飼料の価格が高騰し、畜産経営は厳しい状況にあります。
自給飼料を増やし畜産経営を安定させるため、水田を活用して作られた安全な「稲発酵粗飼料(稲WCS)」の利用をご検討ください。

特徴

  1. CP(粗タンパク質)はやや低く5.0~7.0%程度です。
  2. TDN(可消化養分総量)は、50~55%と、稲わらと牧乾草の中間程度です。
  3. 嗜好性が良好です。
  4. β-カロテンは、稲わらの約10倍程度含有しています。
  5. ビタミンE含量が豊富です。

給与目安(1頭あたり1日の乾物量)

牛の区分 給与目安
乳用牛 6~10kg程度
肉用牛繁殖 5~6kg程度
肉用牛肥育 前・中期2.5~3kg程度、後期1.5kg程度

供給イメージ

<栽培>水稲生産農家→刈取り組織等(刈取り、調製、ラッピング)→<給与>畜産農家

詳しい給与内容等については、次の団体にお問い合わせください。

  • 福島県県中農林事務所農業振興普及部経営支援課(電話024-935-1321)
  • 郡山市園芸畜産振興課畜産係(電話024-924-3761)
  • 福島さくら農業協同組合畜産課(電話0247-67-1488)
  • 福島県酪農業協同組合県中支所(電話024-951-3361)

「稲発酵粗飼料(稲WCS)の利用について」のチラシも作成しましたので、併せてご覧ください。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林部園芸畜産振興課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3761

ファックス番号:024-938-3150

engeichikusan@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ