ホーム > 産業・ビジネス・観光 > 農業・林業 > 啓発・お知らせ > 需要に応じた米生産について

ここから本文です。

更新日:2018年2月26日

需要に応じた米生産について

平成30年産以降も減反廃止ではありません

平成30年産から、国による生産数量目標の配分が廃止となりましたが、これは生産調整が不要になったという事ではありません。

ご存じのとおり人口減少や少子高齢化に伴い年間の米消費量は毎年8万トン減少しており、こうした状況の中で無制限に生産してしまうと米価が急落するのは明白です。

よって、平成30年産以降も県、JA中央会、米の集荷業者団体等で構成する、福島県水田農業産地づくり対策等推進会議では、地域協議会(市町村)ごとに生産数量(面積)の目安を提示し、郡山市においては郡山市農業再生協議会がその目安を農業者の皆様に提示することとしています。

農業者の皆様におかれましては、今後も需要に応じた米の生産に御協力をよろしくお願いします。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林部農業政策課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2201

ファックス番号:024-938-3150

nousei@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ