ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 児童給付制度 > 多子世帯保育料軽減補助金制度

ここから本文です。

更新日:2017年9月4日

多子世帯保育料軽減補助金制度

郡山市では、多子世帯における経済的負担の軽減を図るため、認可外保育施設に入所しているお子さんの保護者に対して保育料の一部を助成します。

補助申請対象者

郡山市内に所在している18歳未満の児童が2人以上いる世帯において、

  • 第2子以降
  • 認可外保育施設に入所
  • 満3歳未満

の児童の保護者。

※事業所内保育施設のうち、企業主導型保育施設の地域枠を利用している方は対象となります。

  従業員枠や、企業主導型以外の事業所内保育施設は対象となりません。

例)

  • 今年度中に生まれた児童
  • 今年度中に3歳になる児童
  • 年度の途中に入退所した児童
  • 郡山市内に在住しており、市外の認可外保育施設を利用している児童

の保護者の方も補助申請対象となります。

補助金額

(第2子)月額保育料の4分の1の額又は5,000円のいずれか低い額の年度合計額

(第3子以降)月額保育料の2分の1額又は10,000円のいずれか低い額の年度合計額

※月額保育料以外の徴収額(教材費、冷暖房費、保険料、おやつ代等)は対象となりません。

申請の手続き

申請は次のとおり随時受付けています。

  1. 提出基準日:平成29年11月10日(金曜日)

     ※事務手続きの都合上、上記基準日までに申請をお願いいたします。

  1. 提出場所 お子さんが入所している認可外保育施設またはこども育成課
  2. 提出書類
    • 補助金(変更)交付申請書(第1号様式)
    • 事業計画書(第2号様式)
    • 補助金交付申請に係る調書(第3号様式)
    • 入所施設との契約書の写し(保育料が分かるもの)
    • 振込先の通帳の写し(銀行、支店、口座番号、名義人等が確認できるもの)

    (市外の認可外保育施設をご利用の保護者)

    • 通われている保育施設の「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書」の写し
      ※裏面に原本証明が必要です。

※既に退所された方は、年度中、最後に入所していた認可外保育施設へ提出してください。

※年度内に2施設以上に入所している(いた)場合は、こども育成課(電話924-3541)へお問い合わせください。

※提出基準日以降に入所した、基準日までに申請できなかった等の際も事情により申請を受付いたします。
※当該年度の申請は必ず年度内に御提出ください。(年度が変わってからの申請では、補助金の交付が受けられません。)

実績報告

申請のとおりにお子さんが入所していたことを証明する「実績報告」を年度末に提出していただきます。
これについては、各認可外保育施設を通して再度案内いたします。
提出基準日 平成30年3月22日(水曜日)

  1. 提出場所 お子さんが入所している認可外保育施設またはこども育成課
  2. 提出書類 補助金実績報告書(第6号様式)

補助金の交付時期

実績報告をもとに補助金額を算出し、交付は平成30年4月以降を予定しています。

ダウンロード

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども部こども育成課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3541

ファックス番号:024-924-3802

kodomoikusei@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ