ここから本文です。

更新日:2018年6月1日

郡山市認可保育施設入所の案内(平成30年度)

平成30年5月以降の認可保育施設入所を希望される方は以下を御覧ください。

申込み書類の配布場所

  1. 各認可保育施設
  2. 郡山市役所こども育成課(西庁舎3階)
  3. 郡山市ウェブサイト(下記よりダウンロード可能)

認可保育施設の地図・連絡先などは『郡山市認可保育施設情報(認可保育所、認定こども園等)』のページをご参照ください。

申込受付期間

希望入所日の4か月前~希望入所日の前月の5日(5日が土日祝日の場合は、その後の開庁日)

  • 入所日は各月の1日です。育児休業明けに保育施設入所を希望する際、月の1日から15日の間に仕事に復帰する場合は前月の1日から、月の16日から末日の間に仕事に復帰する場合は当月の1日からの入所申込みが可能です。
  • 平成31年3月・4月入所を希望する方の申込みの受付は、別に期日を定めています。詳細は秋ごろ公表予定です。(「広報こおりやま」・郡山市ウェブサイトでご確認ください。なお、平成30年度4月については、平成29年11月に詳細を公表、平成29年12月上旬に受付の日程でした)。

申込みに必要なもの

申込みの際には、母子手帳と印鑑(スタンプ印不可)をご持参ください。また、マイナンバー確認書類及び本人認書類をお持ちください。提出書類に不備や不足がある場合、入所選考上優先度が低くなる場合があります。

  • [1]支給認定申請書〔指定様式〕…申請児童1人につき1枚
  • [2]施設利用申請書〔指定様式〕…申請児童1人につき1枚
  • [3]入所申し込みに関する確認表[指定様式]
  • [4]保育を必要とすることを証明するために必要な書類(一覧表参照)
  • [5]保育料の決定に必要な書類(下記参照、対象者のみ)

保育を必要とすることを証明するために必要な書類

 

保育を必要とする理由 必要な書類
就労

会社勤務

(採用予定)

産休・育休中

就労証明書〔指定〕

※育児休業明けに入所を希望する場合は、育児休業取得期間が記載された就労証明書が必要

自営業

農業

内職

求職中 就労予定申立書〔指定様式〕
妊娠中・出産 出産(予定)児童の母子健康手帳の写し
病気・障害など 「保育ができないこと」が明記された診断書(原本)または障害者手帳の写しなど
同居者の看護・介護 看護・介護を受ける人の診断書、障害者手帳または介護保険被保険者証の写しなど
就学等 在学を証明する書類および時間割など
  • 児童と同居している父母、65歳未満の祖父母のものが必要です。(同住所の場合、世帯分離をしていても同じ家屋に居住している場合は「同居」扱いになります。)平成30年4月1日から平成31年3月31日の間に65歳になる祖父母(昭和28年4月1日から昭和29年3月31日生まれの方)のものは不要
  • 各指定様式の書類と診断書は、入所を希望する4か月以内のものが必要です
  • 提出書類をもとに、保育を必要とする状況を調査及び確認しますが、別途書類を追加していただく場合があります。
  • 保育を必要とする理由によりお子さんの保育施設でのお預かりの期間が異なります。

(例)求職中…入所から3か月間(就労認定となれば施設利用期間を延長することができます)

申込みに必要な書類のダウンロードについて

認可保育施設入所案内、認可保育施設一覧、各申請書及び確認表、各証明書、申告書についてはダウンロードして使用することができます。

  1. 認可保育施設入所案内は必ず内容をご確認ください
  2. 各申請書、証明書の郵送での受付は行っておりません

保育料の決定などに必要な書類

以下の[1]~[3]に該当する方は必要な書類を提出してください。

必要書類が提出されるまで、保育料は年齢区分内の最高額で仮決定となります。必要書類が提出された後、さかのぼって保育料を決定します。

[1]平成29年1月1日に郡山市に住民票がなかった方(4月~8月入所希望の方)

平成29年度の住民税額の所得割額・均等割額がわかるもの(次のいずれか)
1.平成29年度住民税課税証明書(平成29年1月1日に住民票があった市区町村で交付が可能です。)
2.平成29年度住民税納税通知書
3.平成29年度住民税特別徴収税額通知書
父母のものが必要です。(収入などの状況により同居の祖父母のものが必要な場合があります。)

[2]平成30年1月1日に郡山市に住民票がなかった方(9月~3月入所希望の方)

平成30年度の住民税額の所得割額・均等割額がわかるもの(次のいずれか)
1.平成30年度住民税課税証明書(平成30年1月1日に住民票があった市区町村で交付が可能です。)
2.平成30年度住民税納税通知書
3.平成30年度住民税特別徴収税額通知書
父母のものが必要です。(収入などの状況により同居の祖父母のものが必要な場合があります。)

[3]ひとり親(父子・母子)家庭の方

児童が記載された戸籍謄本

支給認定について

1.手続き

認可保育施設を利用する場合は支給認定を受ける必要があるため、入所申込み時に手続きし、後日認定証を交付します。

  • 2号認定…満3歳以上で保育の必要性があり、認可保育施設などでの保育を希望する場合
  • 3号認定…満3歳未満で保育の必要性があり、認可保育施設などでの保育を希望する場合

2.利用時間

保護者の就労時間に応じて、保育所の利用時間が区分されます。

  • 保育標準時間(最長11時間)…フルタイム就労の場合
  • 保育短時間(最長8時間)…パートタイム就労の場合

保育短時間の場合、開所時間の11時間まで延長保育の利用ができます。11時間を超える延長保育については郡山市認可保育施設情報(認可保育所、認定こども園等)をご覧ください。

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども部こども育成課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3541

ファックス番号:024-924-3802

kodomoikusei@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ