ここから本文です。

更新日:2018年4月23日

未熟児養育医療について

対象となる方

郡山市内に住所(住民票)がある1歳未満で、医師がこの制度を必要と認めた赤ちゃん

申請に必要な書類

申請には下記の書類が必要となります。

1~3の書類は窓口でお渡しします。(このページからもダウンロードできます。)

書類が揃いましたら、郡山市こども支援課母子保健窓口(ニコニコこども館2階)まで提出してください。

  1. 養育医療給付申請書(PDF:40KB)
  2. 世帯調書(PDF:38KB)
    ※対象児と生計を共にするご家族全員を職業欄までご記入ください。
  3. 養育医療意見書(PDF:11KB)
    ※医師へ記入をお願いしてください。
  4. こども医療費受給者資格証の写し(黄色のカード)
    (窓口:こども支援課給付係・各行政センター等)
  5. 保険証の写し(対象児のもの)
  6. 所得税額を証明するもの(扶養義務者で収入のある方全員分)
    ※税の年度にご注意ください。
    ・申請日が平成30年4月1日から平成30年6月30日のとき:平成29年度(平成28年分)
    ・申請日が平成30年7月1日から平成31年3月31日のとき:平成30年度(平成29年分)
  7. 申請者の個人番号(マイナンバー)を証明できるもの
    ※通知カード、個人番号カード等
  8. 申請者の本人確認書類
    ※運転免許証やパスポート等、官公署発行の顔写真付き身分証明書をお持ちでない場合は、2点確認させていただきます。(例)健康保険証+年金手帳等

所得税額を証明するものとは

  1. 会社員の方
    源泉徴収票…勤務先で発行されます。
    ※扶養義務者全員が所得税非課税の場合は、市町村民税の課税状況を確認させていただくため、扶養義務者全員分の同意書(PDF:41KB)が必要です。
  2. 自営業・農業の方
    確定申告の控え(税務署の収受印のあるもの)…郡山税務署(発行時には本人を証明するものが必要です。)
    ※扶養義務者全員が所得税非課税の場合は、市町村民税の課税状況を確認させていただくため、扶養義務者全員分の同意書(PDF:41KB)が必要です。

給付期間について

医師が記載する養育医療意見書の診療予定期間が給付予定期間となります。

医療費の支払いについて

医療費の自己負担金については、こども医療費助成金より納入しますので、実質上、お支払いはありません。
ただし、おむつ代、差額ベッド代は保険適用外のため自己負担となります。

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども部こども支援課(ニコニコこども館内)
開館(業務)時間:毎日午前8時30分~午後6時(毎月第3土曜日とその翌日、年末年始を除く)
〒963-8025 福島県郡山市桑野一丁目2-3
こども総合支援センター(ニコニコこども館)
電話番号:024-924-3691
ファックス番号:024-933-6665
kodomosien@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ