ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 児童給付制度 > 母子家庭等自立支援給付金事業

ここから本文です。

更新日:2016年5月13日

母子家庭等自立支援給付金事業

高等職業訓練促進給付金

対象の資格取得の際に修学期間中に訓練促進給付金を、修了後に高等職業訓練修了支援給付金を支給して母子家庭の母及び父子家庭の父の生活の負担軽減を図ります。

対象者

市内に居住する20歳未満の児童を扶養している母子家庭の母及び父子家庭の父で、次の[1]~[5]の全てを満たす方

  • [1]児童扶養手当を受けているか、同様の所得水準であること。
  • [2]過去に訓練促進給付金等を受給していないこと。
  • [3]養成機関において1年以上の養成課程を修業し、資格の取得が見込まれる者であること。
  • [4]就業又は育児と修学の両立が困難であると認められること。
  • [5]この制度と趣旨を同じくする給付を受けていないこと。

対象資格

  • [1]看護師(准看護師含む)
  • [2]介護福祉士
  • [3]保育士
  • [4]理学療法士
  • [5]作業療法士
  • [6]その他市長が適当と認める資格

支給額・支給期間

【高等職業訓練促進給付金】

世帯区分

支給額

支給期間

市民税非課税

月額100,000円

修学期間の全期間

(上限3年)

市民税課税

月額70,500円

【高等職業訓練修了支援給付金】

世帯区分

支給額

市民税非課税

50,000円

市民税課税

25,000円

手続き

【高等職業訓練促進給付金】

修学開始月から申請することができます。

申請月分からの支給となります。

こども家庭相談センターでご相談の上、支給申請を行ってください。

【高等職業訓練修了支援給付金】

修了日から起算して30日以内にこども家庭相談センターでご相談の上、支給申請を行ってください。

自立支援教育訓練給付金

適職に就くために必要な技能や資格を取得するための教育訓練講座の受講にあたり本人が支払った費用の6割相当額(上限20万円)を支給します。

対象者

市内に居住する20歳未満の児童を扶養している母子家庭の母及び父子家庭の父で、次の[1]~[4]の全てを満たす方

  • [1]児童扶養手当を受けているか、同様の所得水準であること。
  • [2]過去に訓練給付金を受給していないこと。
  • [3]受講開始日現在において、雇用保険法による同制度の受給資格がないこと。
  • [4]適職に就くために必要と認められること。

手続き

  • [1]講座指定申請
    受講開始前にこども家庭相談センターでご相談の上、講座指定申請手続きを行ってください。
  • [2]支給申請
    受講が修了しましたら、修了日の翌日から30日以内にこども家庭相談センターで、支給申請手続きを行ってください。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

こども部こども支援課(ニコニコこども館内)
 開館(業務)時間:毎日午前8時30分~午後6時
            (毎月第3土曜日とその翌日、年末年始を除く)
〒963-8025 福島県郡山市桑野一丁目2-3
 こども総合支援センター(ニコニコこども館)
 電話番号:024-924-3341
 ファックス番号:024-933-6665
 Kodomosien@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ