ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 啓発・お知らせ > 食物アレルギーについて

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

食物アレルギーについて

食物アレルギーとは、特定の食品を飲食することで、

  • 皮膚症状(じんま疹・皮膚炎など)
  • 消化器症状(下痢・嘔吐・腹痛など)
  • 呼吸器症状(咳・喘鳴など)
  • 鼻粘膜症状(鼻炎・鼻づまりなど)
  • 眼粘膜症状(眼のかゆみなど)

などの症状が起こる疾患です。

人によってはなめる程度で、血圧の低下や意識障がいなど、全身に反応がでるアナフィラキシー・ショックを発生し、命にかかわることもあります。そのため、食品衛生法により特定原材料として表示の義務付けや表示が望ましいとされている食品があります。

必ず表示される5品目:特定原材料

卵・乳・小麦・そば・落花生(ピーナッツ)

表示が勧められている20品目:特定原材料に準ずるもの

あわび・いか・いくら・えび・かに・さけ(鮭)・さば(鯖)
オレンジ・キウイフルーツ・桃・バナナ・りんご
牛肉・鶏肉・豚肉・ゼラチン
大豆・くるみ・まつたけ(松茸)・やまいも(山芋)

食物アレルギーによる重症アレルギー反応(アナフィラキシー・ショック)救命用自己注射の処方が平成17年5月より開始されました。

対象

体重15kg以上の方

購入方法

講習をうけた医師が、処方します。

※処方については各医療機関にご確認ください。

なお、食物アレルギーに関する情報は下記リンクからもご覧になれます。

アレルギーの相談窓口があります。

財団法人 日本アレルギー協会
アレルギー相談センター
専用電話番号 03-3222-3508

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

こども部こども支援課 

〒963-8025 福島県郡山市桑野一丁目2-3 こども総合支援センター(ニコニコこども館)

電話番号:024-924-2525

ファックス番号:024-933-6665

kodomosien@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ