ホーム > くらし > 人権・男女共同参画 > AV出演強要問題・「JKビジネス」問題等について

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

AV出演強要問題・「JKビジネス」問題等について

近年、いわるゆアダルトビデオ出演強要問題やいわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業により児童が性的な被害に遭う問題などが発生しており、若年層の女性に対する性的な暴力にかかる問題は深刻な状況にあります。

こうした問題はいずれも「女性に対する暴力」に当たる重大な人権侵害であるとともに、女性活躍の前提となる安全で安心な暮らしの基盤を揺るがす問題であることから、政府を挙げて、その根絶に取り組む必要があるため、関係機関で対策会議を設置し、緊急対策をとりまとめております。

緊急対策では、特に年度当初は、進学、就職等に伴い若者の生活環境が大きく変わる時期であり、こうした被害に遭うリスクが高まることも予想されることから、4月を「AV出演強要問題・「JKビジネス」問題等被害防止月間」と位置づけ、相談窓口の周知などの取組を実施しています。

こうした事に関する主な相談窓口は以下のとおりです。

  • こども家庭相談センター (電話:024-924-3341)
  • 管轄の警察署
  • (公社)ふくしま被害者支援センター「SACRAホットライン」(電話:024-533-3940)

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

こども部こども支援課 

〒963-8025 福島県郡山市桑野一丁目2-3 こども総合支援センター(ニコニコこども館)

電話番号:024-924-3341

ファックス番号:024-933-6665

kodomosien@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ