ホーム > 防犯・防災 > 震災・放射線対策 > 放射線対策 > 水・食品などの放射性物質検査 > 家庭菜園の栽培土壌の放射能を検査しています

ここから本文です。

更新日:2018年3月13日

家庭菜園の栽培土壌の放射能を検査しています

 

下記をお読みいただき、保健所1階の放射線健康管理課に持参してください。

不明の点があれば、お問い合わせください。(予約は必要ありません。)

 

1 受付

  • 対象となる土壌は、家庭菜園で使用している土壌であり、流通品を栽培するための土壌は対象外です。
  • 申込みのあった土壌は、保健所で線量を測定し、一定の空間線量率(10cmの距離で測定して1μSv/h)未満のものを検査対象とします。

2 土壌の採取方法

  • できるだけ乾いた状態の土壌を採取してください。(雨が降った直後の採取は避けること。)
  • 検査をしたい土壌は、土地内の複数箇所から採取し、1か所当たり15cmの深さから採取することが望ましいと言われています。(根から放射性物質を吸い上げるため。)
  • 採取量は、500g以上を持参してください。
  • 石はできるだけ取り除いてください。
  • 採取後、1日間屋内で保管した上で持参してください。保管の際は、土壌を密閉状態にしないでください。
  • 土壌を持参する際、二重に袋に入れて持参ください。
  • 土壌は、袋の中でよく混ぜるなど、均一になるようにしてください。

3 注意事項

  • 検査には2~3日かかります。検査終了後、検査結果をお渡しします。郵送及び電話による結果通知は行いません。なお、検査結果と合わせて土は返却しますのでお持ち帰りください。
  • 放射性カリウムの影響等により、実際の放射能濃度よりも高い測定結果となる場合があります。
  • 放射性物質は主に地表にとどまっていることから、表土の割合が多いほど、高い測定結果となることがあります。
  • 土壌は、一般食品に比べ高い数値が出る傾向があり、高い数値が出たとしても、必ずしも作物や人体への影響があるわけではありません。

 

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健所放射線健康管理課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-0201

ファックス番号:024-934-2860

kenkoukanri@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ