ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 食品衛生 > ご存知ですか?HACCP(ハサップ)

ここから本文です。

更新日:2015年6月9日

ご存知ですか?HACCP(ハサップ)

近年、食中毒等の食品事故の発生を未然に防止するために有効なHACCP(ハサップ:危害分析・重要管理点方式)による衛生管理が、国際標準として世界的に普及が進んでいます。

HACCPは、安全で衛生的な食品を製造するための管理方法のひとつで、問題のある製品を未然に防ぐことが可能なシステムであり、現在、国内においても、国及び全国の保健所を中心にHACCPに基づく衛生管理の普及が進められています。

HACCPとは?

食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)し、その結果に基づいて、製造工程のどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点(Critical Control Point)を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。

この手法は、国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)に合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

HACCP方式と従来方式との違い

製品の安全性について、これまで行われてきた衛生管理(以下「従来方式」といいます。)は、主に最終製品の抜き取り検査を実施することで確保してきました。

これに比べてHACCPは、製造の工程を継続的に監視・記録することから、より効果的に安全性に問題のある製品を防止できるとされています。

HACCP方式と従来方式との違い

HACCP方式とのちがい

郡山市の取り組み

食品等事業者が遵守しなければならない管理運営基準を定めた郡山市食品衛生法施行条例の一部を改正し、食品等事業者は、従来方式・HACCP方式いずれかの衛生管理を行える仕組みとしました。(平成27年4月1日施行)

詳しくはこちらをご覧ください。

関連ファイル

HACCP方式による衛生管理を検討されている方は、こちらの資料をご覧ください。

関連リンク

もっと詳しくHACCPを知りたい方は、こちらをご覧ください。

厚生労働省における取組みのほか、手引書のダウンロードや動画の閲覧ができます。

HACCP手法の紹介、HACCP研修会の開催案内が掲載されています。

HACCP関連情報データベース(HACCP導入の手引き、予測微生物モデル、HACCP関連情報検索システム等)が掲載されています。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健所生活衛生課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2157

ファックス番号:024-934-2860

seikatsueisei@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ