ホーム > くらし > 動物 > 犬及び猫について > 集合注射について

ここから本文です。

更新日:2018年9月6日

集合注射について

集合方式による犬の登録及び狂犬病予防注射(集合注射)について

平成30年度の集合注射は全日程を終了しました。

犬の所有者は、狂犬病予防法により毎年1回4月1日から6月30日までの間に狂犬病の予防注射を受けさせなければならないと定められています。

未注射の飼い主さんは、動物病院等で必ず受けさせてください。

下記リンクの動物病院以外で注射を受けた時は、獣医師から交付される狂犬病予防注射済証(紙)を保健所窓口に持参し、狂犬病予防注射済票(金属のプレート)の交付(手数料550円)を受けて完了となります。

飼い犬の登録と狂犬病予防注射済票交付ができる動物病院一覧

会場及び日程

平成30年度の集合注射の会場及び日程は下記のリンクをご覧ください。

平成30年度集合注射実施日程(PDF:183KB)

料金

既に登録済で注射のみを受ける犬…3,200円(注射料金2,650円、注射済票交付手数料550円)

初めての登録と注射を受ける犬…6,200円(登録手数料3,000円、注射料金2,650円、注射済票交付手数料550円)

持参品

料金
ハガキ(既に登録済の犬のみ)
フンを持ち帰る用具

狂犬病予防注射がむずかしい犬について

次のような場合は、注射ができないことがあります。かかりつけの獣医師または集合注射会場の獣医師に御相談ください。

  • 病気にかかっている
  • 予防注射でショックなどの副反応を起こしたことがある(発熱・じんましん・けいれん・よだれを流すなども含む)
  • 妊娠中または授乳中・1ヶ月以内に他の予防注射を受けている

狂犬病予防注射猶予証明書

高齢・治療中・妊娠中などの理由により注射を受けられない犬に関しては、市内の動物病院で「狂犬病予防注射猶予証明書」の交付を受け、保健所に提出してください。(郵送可)

注意事項

  • 雨天でも実施しますが、洪水警報等の警報が発表された場合は中止する可能性があります。実施の有無はお問い合わせください。
  • ハガキの問診事項にチェックをして御持参ください。
  • 集合注射会場には必ず犬を押さえられる人が連れてきてください。また、首輪や胴輪がゆるまないよう確認の上、引き綱をつけ逃げないようにしてください。
  • 注射会場で、順番待ちのために並ぶ場合は、よその犬を咬まないよう、間隔をとり、しっかりと制御してください。
  • 病気治療中等の犬は集合注射会場で接種できないことがあります。あらかじめかかりつけの獣医師にご相談ください。

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健所生活衛生課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2157

ファックス番号:024-934-2860

seikatsueisei@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ