ここから本文です。

更新日:2018年5月11日

禁煙にチャレンジしよう

「健康によくない」と漠然と理解していても、なかなかやめることができないたばこ。しかし、禁煙するとたばこから自由になり、ほかの楽しみが増えてきます。

たばこがやめづらいのは、意志が弱いせいではありません。たばこの煙に含まれる「ニコチン」に依存性があるからです。現在はニコチン依存を軽減する飲み薬や貼り薬を処方してもらうこともできます。周囲のサポートと薬を上手に使って禁煙をスタートしてみましょう。

たばこの害をきちんと知っていますか

たばこの煙には、ニコチン、タール、一酸化炭素をはじめとして約5000種類の化学物質が含まれており、発がん性の疑われるものは約70種類といわれています。これらを吸い込むことで、体にさまざまな悪影響を与えているのです。

  • 肺がんだけでなく全身のがんや脳卒中などのリスクが高くなる
  • 動脈硬化がおこりやすくなる
  • COPDなど呼吸器の障がいがおこりやすくなる
  • その他にも…歯周病、不眠、頭痛、血圧上昇など

COPD(シーオーピーディー)とは

主に長期の喫煙によってもたらされる肺の炎症性疾患で「慢性閉塞性肺疾患」とも呼ばれています。慢性的な咳や痰が続いたり、息切れは「要注意」です。重症になると酸素吸入が必要になり生活にも影響があります。

禁煙にチャレンジしてみよう

禁煙を開始してみよう

禁煙開始には、「禁煙治療」や「禁煙補助薬」といった医学的サポートが有効です。

上手に使おう禁煙補助薬

  • バレニクリン(飲み薬)…内服の禁煙治療薬です。ニコチン切れを軽くしたり、たばこをおいしいと感じにくくします。禁煙外来で処方され、保険診療で治療を受けることができます。
  • ニコチンパッチ…パッチを皮膚に貼って使用します。ニコチンを少しずつ補給してニコチン切れの症状をやわらげます。禁煙外来などの保険診療で入手することができますが、小さいサイズなら薬局で購入することもできます。
  • ニコチンガム…ニコチン入りのガムを噛むことによって、ニコチン切れを紛らわします。薬局で購入することができます。

禁煙外来で禁煙治療を受けてみませんか

禁煙外来に通院しきちんと禁煙治療を受けた人のほうが成功率が高いと言われています。一定の要件を満たせば、保険診療が受けられます。

市内で禁煙治療を受けられる医療機関

禁煙外来マップ(PDF:1,206KB)

禁煙継続のために・・

吸いたくなったら

  • 冷たい水を飲む
  • 深呼吸をする
  • 体を絶えず動かす
  • 場所を変える
  • 歯を磨く
  • 眠ってしまう
  • 飲み物を飲むなど

禁煙継続の秘訣

  • たばこの害をイメージしてみる
  • 禁煙してよかったことを考える
  • 楽な気持ちで禁煙を続ける
  • お酒の席や喫煙所など煙の多いところには近寄らない
  • 禁煙できている自分にごほうびを
  • 身近に禁煙仲間やサポーターを見つけよう

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2900

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ